版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画 エッチング A.道具編

版画HANGA百科事典

銅版画

エッチング
A.道具編

銅版画と言えばエッチングと言うくらい、一番なじみのある技法です。ドライポイントと違って、腐蝕の時間差で線の太さや濃淡を作ります。
etching2.jpg etch.gif


この作例は永沼版画アトリエの受講生の方の作品を使わせていただきました。
完成作品はこちらで見ることができます。

描画に必要な道具

(銅版画を作る必要最低限の道具はドライポイント道具編を参照)<
ニードル
DSCF2608.jpg

エッチングはグランドという防蝕膜を銅版表面に引き、ひっかいて銅を露出させた所を腐蝕液で腐蝕する、というプロセスをふむので、ポイントのように全部頑丈に鉄で出来た物を使う必要が有りません。

グランドをはがせれば、彫りは腐蝕液がやってくれるので、線を力を入れて描画する必要はありません。そこで、木の柄のついた「ニードル」を使います。ポイントより木の柄がついた分、握りやすいです。

もちろん、ポイントもエッチングに使えますよ!

ポイントと違うのは、あくまでグランドを剥がすだけなので、先が研げてなくてもかまわないと言うことです。わざと砥石で先を丸めて、銅に引っ掛からず描きやすいようにしてもOKです。グランドさえ剥がせれば良いのです。

グランド

グランドは、固まった状態で固い(ハード)柔らかい(ソフト)かによって2種類に分かれ、また、それぞれが、固形か液体かで2種類に別れます。

ハードグランド

ハードグランドは、描画に普通に使うためのグランドです。固まった状態で手を触れても、ベタベタしないように作られています。

固形ハードグランド
DSCF2766.jpg

DSCF2772.jpg
ウォーマー。下に電熱器を入れて使う。

固形のものはあらかじめ版をウォーマーの上で熱しておいて、版の上で溶かしてローラーで伸ばして使います。

固形の物は、ウォーマーで引くため手間はかかりますが、一回腐蝕した版にもう一度グランドを塗りたい時、あらかじめマチエールがついている版に塗りたい時などは、へこんだ所に液体のものよりも確実に詰められます。

液体ハードグランド
DSCF2769.jpg

液体グランドは、版に刷毛などで塗ったり、「流し引き」という方法で使います。市販のものはそのままだと濃いので、リグロインで適当に薄めて使います。

液体の物は、手軽ですが、一回腐蝕した版に塗ると、どうしても線のエッジが薄くなり、そのまま腐蝕すると、薄い部分は弱いので少し腐蝕が進んでしまい、前の腐蝕の線が太くなってしまいます。また、版の大きさによって濃さを調整する必要があります。(大きな版ほど濃くなり、小さいハンダと薄くなりがちなので)

ただし、技法によってはこの液体の方を使わなくては出来ない技法があります。(シュガー・アクアチントなど)

ソフトグランド
DSCF2768.jpg

ソフトグランドは、ハードと違うのは、版が冷えても少しべたべたします。これは、固まらない油脂をあらかじめ混ぜてあるためです。

ハードグランドと同じく、固形タイプと液体タイプがあります。写真は固形のソフトグランドで、ハードグランドと同じように暖めたウォーマーの上でローラーで引きます。少しの熱ですぐに溶けるので、あまり熱しすぎないのがコツです。

ソフトグランドを引いた銅版の上に、葉っぱやガーゼ、アルミホイルなど、マチエールを取りたい物を直接置いて、上にロール紙などを引き(フェルトの汚れ防止)プレス機で軽めにプレスします。

すると、葉っぱの容脈、ガーゼの糸の模様、アルミホイルのしわなど、出っ張っている所のソフトグランドが取れますので、それを腐蝕液に浸けると、面白いマチエールが腐蝕出来る・・・・というわけです。

ソフトグランドの詳しい技法は、[C.ソフトグランド]を参照してください。

黒ニス(止めニス)
DSCF2770.jpg

グランドと同じく防蝕効果のあるものですが、ずっと粘度があり厚塗できます。

腐蝕していて、「この線はもう十分な太さ」と思ったら、そこだけ黒ニスを塗ります。 また、版の裏面にも「裏止めニス」として全面に塗ります。

壁紙、ガラスフィルム
DSCF2808.jpg
ガラスフィルム
DSCF2809.jpg
ガラスフィルムを貼った銅版

版の表側、つまり描画面は、グランドを塗るのですが、裏側はそのままだと腐蝕バットに入れた時に溶けてしまいます。版の裏まで腐蝕すると、銅版に穴があいたりする危険性も・・・

そこで、上記の黒ニスを裏面に塗ったりして防蝕するのですが、黒ニスもホワイトガソリンで溶けますので、表面のグランドを取ったり、グランドを塗り直したり、といった作業のたびに塗り直さなくてはなりません。かなり面倒です。

そこで、版の裏に塩ビ製の壁紙(ホームセンターや東急ハンズで売っているもの)を張ります。

私は透明なガラスフィルムを使っています。これは、次の「グランドを塗る」作業の時、または「アクアチントで松脂を裏から熱する」作業の時に、熱で溶けたりしないからです。

ドライヤー

意外と無くてはならないもの、それはドライヤー!

普通に髪を乾かすヤツでOKです。洗った版の水気を乾かしたり、黒ニスをさっと乾かすのに必需品です。

腐蝕液の準備

エッチングで一番厄介なのは「腐蝕液」です。

銅を溶かす薬品だから、どう考えてもヘルシーではないし、環境に優しくもありません。

ただ銅版画に使うものは猛烈に強い強酸ではないので、用心深く使えばまず大丈夫です。たとえば、硝酸は5倍位の水で薄めれば塩水程の強さになります。

とは言え、瓶に入っている硝酸液が素手に触れると火傷の恐れがあるし、塩化第二鉄は付着力が強く、それ自体でサビをだすので、台所などで使っていると流しがすぐにまっ茶色になってしまいます。

塩化第二鉄は腐蝕した銅の成分が塩化第二鉄自身の中に溶けていくのに対し、硝酸は気体になって空中に揮発していきます。この時出るガスが人体に有害!

したがって、家庭でエッチングをやる人は、十分な換気設備がないならば硝酸は使ってはいけません。

流しにビニールなどを引いて、塩化第二鉄を使うようにしましょう。

また、耐酸性のゴム手袋などを必ずはめて作業するようにして下さい。

塩化第二鉄
DSCF2775.jpg

黒い液なので、銅版の腐蝕の具合が、いちいち液から取りださなくては見れない点が欠点です。

しかし、人体に有害なガスなどは出しません。銅の成分は液にとけて、「沈殿物」になって沈みます。また、温度にもほとんど左右されません。

エッチングをやる時線の部分が腐蝕されると、描画面を上にして二鉄につけていると、銅は沈殿物となって線の所に沈みますから、腐蝕のスピードが落ちます。

これを避けるために、一般的にはゴムなどをバットの液の中に置いて、その上に描画面を下向きにして銅版をのせます。

私はグランドにキズなどがつくのがいやなので、上向きに入れて、ときどき刷毛などで静かになでてやり、沈殿物を取り除いています。

性質上、銅の彫られ方が直進的です。

版画材料として売っているものは、2倍位の水で薄めて使います。

また、固形のものもあり、これも水に溶かして使います。

硝酸
DSCF2774.jpg
筆者の自宅の銅版画アトリエの硝酸。
ダクトでガスを吸い込むようになっている。

薄い青色をした液で、薬局で手に入ります。(ただし危険物なのでハンコが必要)

薄い色で、銅版も描画面を上向きに入れられるため、腐蝕の状態がすぐわかるのが長所です。

しかし、温度によって腐蝕のスピードが変わるのが少々やっかいです。気温が高いほど反応速度が早くなりますから、同じ濃さの液でも、夏と冬では腐蝕の具合が全然ちがって来ます。

銅は硝酸との化学反応で気体になってガスとして揮発していきます。このとき、描画した線の部分に気泡がぶつぶつと溜まります。これは腐蝕の妨げとなるため、刷毛などでしばしば静かに取り除いてやる必要があります。

気泡が出る性質上、銅の彫られ方は実際に描いた線より回りへ回りへと広がって行きます。気泡がグランドのエッジの所を少しずつ広げて行くためです。(つまり、やや線が太くなっていく傾向がある。また、線と線との間がくっつきやすい。)

薬局で売っている瓶入りの「希硝酸」は、必ず水で2倍に薄めて使います。

腐蝕に必要なその他の道具