版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画 エッチング C.ソフトグランド

版画HANGA百科事典

銅版画

エッチング
C.ソフトグランド

銅版画は銅を腐蝕などして作った凹凸が、そのまま紙にきれいに刷り取ることができる技法です。 深く彫られた部分は、刷った時にインクが盛り上がり、薄い部分はインクが油膜のようにうっすらとつきます。
故に、銅版画家は皆、マチエール(画肌)にすごーくこだわりがある人が多いようです。 もちろん筆者・中込もそうなのですが・・・。 自分ならではの独特なマチエールを工夫するのも銅版画の魅力のひとつです。
ここからはエッチングの応用編として、腐蝕銅版画での小技集をまとめてみようと思います。
まず最初はソフト・グランド・エッチング。
softgurando12.jpg
ソフトグランドで葉っぱの葉脈を転写した作品

ソフト・グランドって?

soft.jpg
固形のソフト・グランド

実践編で説明した、線などを描画するときに使うグランドは「ハードグランド」

ここで使う「ソフトグランド」は、塗ったあとも少しさわるとべたべたする、柔らかいグランドです。

なぜべたべたと柔らかいのでしょうか?

このグランドを塗った銅版の上に、布や紙、壁紙や葉っぱなどを乗せて軽くプレス機を通すと、でこぼこした表面の模様の所だけグランドがくっついてとれて、薄くなります。

これを腐蝕液に浸けると、薄いところが腐蝕するので、布の目や、紙のでこぼこ、葉っぱの葉脈などの模様が出るのです。

つまり、ソフトグランドは銅版にマチエールを転写するためのグランドなのです。

この技法を考えた人は頭いいですよね〜(笑)

右の写真のものはウォーマーで暖めてローラーで引くタイプの「固形ソフトグランド」です。

液体グランドに少しだけサラダ油を混ぜて、「液体ソフトグランド」を自作することもできます

ソフト・グランド実践編

■ソフトグランドを塗る
softgurando1.jpg
ソフトグランドを塗る

ハードグランドと同じように、ウォーマーで暖めた銅版にローラーで伸ばしていきます。

ここで注意!

ソフトグランドは柔らかいので、少しの熱でもすぐ溶けます。したがって、ハードグランドの時の様にウォーマーをギンギンに熱しなくても大丈夫。

ある程度伸ばしたら、版をいったんウォーマーから下ろして、冷ましながら伸ばしていけばきれいに引くことができます。

■マチエールを転写したいものを乗せる
softgurando2.jpg
アルミホイルをのせる
softgurando3.jpg
レザック紙をのせる

ここでは、いったんシワシワにしたアルミホイルを乗っけてみます。

さらにその上に模様がでこぼこしているレザック紙をのせて・・・

■ロール紙をかぶせる
softgurando4.jpg
ロール紙をかぶせる

プレスしたときにフェルトが汚れないようにロール紙をさらに重ねます。

■プレスに通す
softgurando6.jpg
軽い圧でプレスする

プレスします。

このとき、刷りの時のような強い圧だと、せっかくの紙やアルミホイルのしわなどのマチエールがつぶれすぎてしまいます。

目安としては、やや軽め、転写するものが軽く銅版にひっつく位がよいでしょう。

■プレスしたものをはがす
softgurando7.jpg
レザック紙を
静かにはがず
softgurando8.jpg
アルミホイルを取る

ソフトグランドをぬった部分に、プレスしたもののマチエールがくっきり出たら大成功!

ソフトグランドはべたべたしているので、注意して、そっと転写したものをはがします。

■不要な部分を黒ニスで止める
softgurando9.jpg
黒ニスで止める

不要な部分に黒ニスを塗ります。たいていの場合は、普通の線描のエッチング→ソフトグランド、というプロセスを踏むかと思いますので、その場合はエッチングの線を頼りに黒ニス作業をします。

そうではなく、いきなりソフトグランド!という場合は、何かで下絵のあたりをつけておく必要がありますが、青い色の銅版用の感光乳剤やマジックインキを使って、あらかじめ銅版に線を描いておいて、その上からソフトグランドを塗ると良いでしょう。その線を頼りに、黒ニスを塗ります。

■腐蝕する
softgurando10.jpg
腐蝕する

さあ、あとは好みの深さに腐蝕すればOK!

この写真では硝酸を使っていますが、本当は塩化第二鉄を使って腐蝕したほうがきれいにむらなく腐蝕できます。

硝酸はどうしても刷毛を使って泡を取らなくてはなりませんが、このときに少しソフトグランドを傷つけてしまいがちです。また、ソフトグランドはハードグランドよりも多少防蝕効果が弱いので、硝酸の泡で一気に、せっかくのマチエールが吹き飛んでしまったりします。

私はどうも腐蝕の過程が目で確認できないと不安なたちなので(笑)ついつい硝酸を使ってしまいますが、一番上の葉っぱの葉脈の作例のように、細かい所までハッキリ出したい場合は塩化第二鉄の方が向いているかと思います。

■版を洗う
softgurando11.jpg
腐蝕後の銅版。
これはレザック紙のマチエール。

黒ニスを灯油やガソリンで取ります。

■ソフトグランドに使えるいろいろな素材
softgrando16.jpg
左から、ペーパーナプキンの模様、ストッキング(固め)、ストッキング(柔らかめ)

この技法の面白いところは、紙やアルミホイル、葉っぱといった柔らかい身近な素材が、銅という硬い版に腐蝕によって「刻印」されることです。

みかんを入れているネットとか、クッキーの缶に入っているプチプチの梱包材、布や紐、でこぼこした壁紙などなど、工夫次第。

色んなものを試してみたいですね。(^^)

■応用編