版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画  ドライポイント A.道具編

版画HANGA百科事典

銅版画

ドライポイント
A.道具編

ここではまず、最も手軽なドライポイントを作るために必要な道具について説明します。

ドライポイントに必要な道具

銅版
銅版

銅版。これが無くては話になりません。版画に使う銅版は、厚さ0.8mmの物が適当と思います。

大きな版画材料を扱っている画材屋さんに、あらかじめ適当な大きさに切ってあるものが置いてあるので、初めての人はそれを使うと良いでしょう。

大きな銅版を作る人や、沢山作品を作る人は、1m20cmの長さで、36cm、45cm、60cmなどの幅の銅版を扱っている店で買い、銅版切りで切ります。右の写真は、画材屋さんで裁断してもらった物です。

金ヤスリ
金ヤスリ

金物屋で売っている金のヤスリ。銅の四辺を45度に落とす(プレートマークを落とす)のに使います。

金属みがき(ピカール)
ピカール(瓶入り)

ピカール(チューブ入り)

これも金物屋さんで買えます。銅の細かい傷や錆を取り、ピカピカに磨くのに使います。液状の物のほか、チューブに入った固練りの物もあります。

ポイント
ポイント

ドライポイントを描画するための金属の針です。

バニッシャー、スクレッパー
三角スクレッパー、バニッシャー

三角スクレッパー
三角スクレッパー
バニッシャー
バニッシャー

右の写真は「三角スクレッパー、バニッシャー」といって、削る役目のスクレッパーと磨く役目のバニッシャーが合体しているものです。

スクレッパーは、細かいところを削る、刀の様なカタチをした工具です。ドライポイントの場合は、ポイントで銅版を引っ掻く事によって出来た「バー(金属のめくれ)」を、この刃で削って調子を整えたりするのに使います。

バニッシャーは、細かいところを磨いたり、調子を整えたりするためのヘラの様なカタチをした工具です。こちらも、磨く事によって調子を整えたり、細かい傷を磨いて真っ白な調子にする時に使います。

カーボン紙、トレーシングペーパー
カーボン紙

トレーシングペーパー

下絵を銅版に転写するのに使います。

紙やすり
紙やすり

〜80位の目の荒いものと、〜600番位中程度のもの、〜1500番位の目の細かいもの。3種類位そろえましょう。

ドライポイントの調子を整えたり、逆に粗目のものを使って、わざと銅版に傷をつけて効果を出したりするのに使います。

また、ポイントの先が鈍ったときは、細かいサンドペーパーを使って研ぐことも出来ます。本当は砥石を使うのですが、サンドペーパーでも大丈夫!

ウエス(ボロ切れ)
ウエス(ボロ切れ)

版画用語?では「ウエス」といいます。

案外大切な道具です。ピカールを拭き取ったり、紙の水気を拭いたりと、無くてはならないものなので、必ず用意しましょう。

そんなに家にボロ切れなんてないよーと言う人は、画材屋さんでも版画用品「ウエス」として売っています。ボロ切れを買わなくてはいけないなんてバカバカしいですけど、無いと困るんですよ、これが。

リグロイン
リグロイン

版画材料を扱っている画材屋さんや、薬局に売っています。インクやピカールなど、油性の物をふき取ったりするときに使います。

ホワイトガソリン
ホワイトガソリン

ホワイトガソリン

工業用の油分を落とすための有機溶剤です。リグロインと同じく、ピカールやインクを拭きとったりするのに使います。

リグロインもホワイトガソリンも、どちらも有機溶剤ですので、取り扱い、換気には十分注意しましょう。下の写真のように、必ず密閉できるフタのついた容器に移し替えて使います。

なるべくこういった有機溶剤は使わないようにし、使ったウエスを密閉する、エコウォッシュなどの溶剤に切り替えて行く事も大切です。

さて、とりあえずこれだけあれば、とりあえずドライポイントを作ることが出来ます。
・・・・版をつくるだけならば。(^^;)

刷れる場所を探そう!

銅版画を刷るときには、「プレス機」というものが絶対に必要になります。

しかし、プレス機は、個人で簡単に購入するわけにはいかない代物です。

刷りが出来る場所探しをしましょう。
また、小さいサイズの卓上プレスを購入するのも手です。

詳しくは道具百科 紙とプレスの話参照