版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > リトグラフ リトグラフ制作フローチャート

版画HANGA百科事典

リトグラフ

リトグラフ制作フローチャート

さあ、実際にリトグラフを制作するプロセスを見ていきましょう。
銅版画や木版画と違って、リトグラフは「平版」。
作業は何となく、化学反応・・・目に見えない反応と格闘するような感触があります。

注・リトグラフの製版のやり方は、人それぞれ、版画工房それぞれのやり方があります。
ここでは、永沼版画制作で行っている方法を簡単に紹介します。

アルミ版にじかに描画する方法

工程 作業 目的 参照ページ
整面 アルミ版に、整面液を塗り、水洗いして乾かす。
アルミ版表面の酸化膜を取り去り、描画材料の脂肪分に反応しやすくするため 基礎的な道具集

アルミ版リトの道具集
描画 アルミ版に、油性の画材(ダーマトグラフ、リトペンシル、解墨など)で描画する 油と水の反発を利用して版画にするため必ず油性の材料で描画。
製版 1st エッチ 描画部分をストンパーかタルクで固める 耐酸性を高め、アラビアゴムで描画部分が溶けないようにする。
アラビアゴムを版面に塗る。
から拭きし、乾かす。
描画部分以外を親水性の性質にするため。
2 nd エッチ(A)

(A)を省いても可
ホワイトガソリンで描画部分を抜き取り、チンクターを塗り込む。 描画部分の油性分の反応を確実にするため。
水洗いしながら、製版インクを盛る
版を乾かして、製版インクをストンパーかタルクで固める。
絵のトーンを把握し、描画イメージを確定する。
アラビアゴムを版面に塗る。
から拭きし、乾かす。
描画部分以外を親水性の性質にするため。
2 nd エッチ(B) ホワイトガソリン、およびシンナーで、製版インクを取る。
その後、エゲンラッカーを描画部分に薄く塗布する。
版面を補強するため。
描画部分にチンクターをすり込む。 版面を補強するため。
版面のアラビアゴムを水を含んだスポンジで拭く。 描画部分の上にのったアラビアゴムを取り、版面に水を与える。
製版ローラーで「製版インク」を使ってインクを盛る。 非描画部分についたエゲンラッカーの膜を完全に取り、描画イメージを確定するため。
製版インクをストンパウダーまたはタルクで固め、アラビアゴムを塗り、乾拭き。 製版完了。
刷り スポンジで水を引きながら、ガソリンなどで製版インクを取る。 本刷りは製版インクではなく、刷り用のインクを盛る。
版にスポンジで水を引きながら刷る。  



PS版を使う方法
(焼付法)

工程 作業 目的 参照ページ
描画 マットフィルムやトレーシングペーパーなどに作画する。
画材は光を通さないものなら何でも良い。(色鉛筆、エアブラシ、アニメックスなど)
焼付をするので、水性の材料でも可。 基礎的な道具集

PS版リトの道具集
製版 PS版に作画したマットフィルムなどを、描画面を下向きに置く。焼付器で光をあて、フィルム上の絵をPS版に焼き付ける。 光の当たった部分は、のちに現像液で乳剤が落ち親水性になるように変化する。
描画部分はPS版の乳剤がそのまま残る。
焼付が終わったPS版を現像液に浸ける 光の当たった部分は乳剤が落ちる。
水洗いして、アラビアゴムを塗る。アラビアゴムを乾かす。(製版終了) 乳剤が落ちた部分は「親水性」になる。
刷り アラビアゴムを水洗いして落とす。
版に水を引きながら刷る。
 



木版を使う方法
(木版リトグラフ)

 
工程 作業 目的 参照ページ
版準備 木版にカゼインを塗る。(塗布済みの木版が「プライウッドグラフ」という名で新日本造形から市販されています。) 木版に目止めをし、版に水を含みやすくする。 基礎的な道具集

木版リトの道具集

木版リトグラフ A道具編

木版リトグラフ B実践編
描画 版にソリッドマーカー、解墨などで描画する。
このとき彫刻刀で彫りを入れたりもできる。
 
製版 アラビアゴムを塗る 描画部分以外を親水性の性質にするため。
乾かした後、スポンジで水洗いして、木版に均等に水を含ませる。 描画部分以外に水を含ませて、油性インクが乗らないようにする。
刷り 版が湿った状態でインクを盛る。
スポンジで水彩絵の具などを直接版に彩色し、1版多色刷りも出来る。
 
木版用プレス機でプレスする。またはバレンなどを使って刷る。 この技法の場合は柔らかめのインクを使うので、通常のリトプレス機でなくても刷ることができる。