版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画 アクアチント A.基本のアクアチント

版画HANGA百科事典

銅版画

アクアチント
A.基本のアクアチント

エッチングは線の表現ですが、アクアチントはの表現です。 銅版に松脂を撒いて、熱で定着させ腐蝕する、という大変七面倒臭いプロセスを踏みますが,グレーの調子は他の版種では得られない大変深く美しい調子になるのが特徴です。
アクアチント作例 アクアチント作例
朝倉めぐみ「Aはapple pieのA」
グレーの部分とオレンジ色の部分はアクアチント
triangl.gifこの作家の作品をもっと見る!
中込洋子「原光」より部分
グレーの調子は、アクアチントを何度もかけ、
磨いたり削ったりして調子を出したもの
triangl.gifこの作品の全体を見る!

アクアチントの道具

松脂
松脂

「松脂」は、画材屋さんで買うと小石くらいの大きさの塊で売っています。

これを、「乳鉢」で細かく砕いて、細かい粉状にして使います。わざと細かくしすぎず、少し粒子を荒くして使う方法もあります。

乳鉢
乳鉢

画材屋さんでは、日本画の顔料を細かくする用途で売っています。なるべく大きいものの方が使いやすいでしょう。

人絹で作った袋
アクアチント用袋

砕いた松脂を、人絹などなるべく目の細かい布で作った袋に入れます。これを静かに振って松脂の粉を銅版に撒きます.私は袋状に縫った人絹を2重にして使っています。

アルコール
アルコール

銅版に定着させた松脂は、ホワイトガソリンでは落ちません。アルコールで落とす事ができます。

この写真は燃料用アルコールですが、消毒用アルコール、無水エタノール、なんでもかまいません。

アルコールランプ
アルコールランプ

松脂を撒いた銅版を裏から熱するのに使います。

バーナー
バーナー

アルコールランプは火力が余り強くないので、小品はいいですが、大作では大変。大作の時は、火力の強いガスバーナーが早いです。私はアトリエの家庭用ガス栓に、理科実験用のバーナーをつないで使っています。

銅版をのせる台
アクアチント用銅版をのせる台

銅版を裏から熱するときには、小品であれば「銅版つかみ」という道具で良いのですが、大きな版では片手で銅版を持って片手で火を扱うのは大変危険です。で、銅版を置く台をアングルを使って作りました。三脚のような物で、小さい版も乗っけることが出来るように針金を回しておくと良いでしょう。

箱の中で松脂をまく
松脂をまく箱

松脂をまく時に、部屋中が粉っぽくなっては不快です。なるべく箱の中で松脂をまくようにします。

箱の中に扇風機やふいごを入れて松脂を吹き上げる、「アクアチント・ボックス」というものがあればベターです。

アクアチント

■松脂を砕く
乳鉢で松脂を砕く
乳鉢で
松脂を砕く

乳鉢であらかじめ松脂を砕いておきます。

この時がんばってとても細かい粒子にしておけば、銅版のグレーの調子も繊細に。逆に、荒く砕くと松脂の粒々が見えるざっくりとした調子になります。

沢山砕いておいて、布の袋に入れておき、いつでも使えるようにしておきましょう。

■銅版に松脂を撒く
黒ニスで不要な部分を止める
黒ニスで
不要な部分を止める
aqua2.jpg
銅版に
布袋に入れた
松脂を撒く
松脂をまく

アクアチントはたいてい、エッチングで線を腐蝕したあとに行います。

まず、不要な部分は黒ニスで止めておきます。

その銅版に、先程砕いて袋にいれた松脂をむらのないように全面に撒くのですが、注意することは「撒きすぎないこと!」

松脂と松脂のすき間が腐蝕液で腐蝕するわけですから、沢山撒きすぎると、裏から熱したとき多少松脂が溶けるので、版面が全部べろ〜っと覆われてしまいます。
松脂は防蝕作用があるので、これでは銅版が全然腐蝕しなくなってしまいます。

また、あまりに少なく撒きすぎても、ボソボソした調子になってしまうので、適当なところを見計らう・・・・のが、結構難しかったり(笑)

小さな版だったら、袋を二三回大きく振る位で十分です。

■銅版を裏から熱し、松脂を定着する
aqua4.jpg.jpg
家庭のガス栓で
使えるバーナー
aqua5.jpg.jpg
版の裏から
熱する
matuyani2.gif

松脂はまだ銅の上に「のっかっている」だけなので、揺らしたりぶつけたりしないように注意して、銅版をのせる台(三脚)の上に銅版を置きます。

ここではバーナーを使っていますが、アルコールランプでもやりかたは同じです。

まず、バーナーをゆっくり動かし、銅版を全体的に温めます。

1ヶ所だけ集中して熱し過ぎると、そこだけ松脂が溶けすぎてしまいます。

口で説明するのは難しいのですが、版を斜めに見て、松脂の白い粉末が透明に変色しだしたら、もう、そこのところは熱し過ぎないよう、火の位置を少しずつ動かしていきましょう。

版面全体の松脂が透明になったら、すぐに火を止めます。

これで松脂の粉が銅版に定着し、水で洗っても取れないようになりました。

■腐蝕する!
aqua6.jpg
松脂を定着した銅版を
腐蝕液につける
matuyani3.gif
松脂と松脂の間の
銅の露出した部分が
腐蝕する

さあ、早速腐蝕するのですが、版がとても熱くなっているので、ちゃんと冷ましてから腐蝕液に入れましょう。特に硝酸は温度によって反応速度ががらりと変わるので、熱いまま入れたりすると大変な事になります

エッチングの線の腐蝕だと5分、10分単位ですが、アクアチントの面の腐蝕はかなりスピードが速く、硝酸に1分もつけると、薄いグレートーンになります。

■濃さの調節
aqua7.jpg
6段階に腐蝕したアクアチント。
一番左はアクアチントをかけていない部分。

腐蝕液につけた後は、エッチングの工程と同じように、適当な濃さまで腐蝕したら止めニスで止め、もっと腐蝕したいところはまた腐蝕液につけて・・・・ を繰り返します。

ただ、アクアチントの場合、エッチングのように、銅版を見ただけで線の太さや濃さを判断出来るような目安がなく、腐蝕の深さ、濃さが大変わかりづらいのです。

版面に松脂がひっついているわけですから、手でなでてざらざらしていても、松脂を取り去って見ると、実は全然腐蝕が足らなかった・・・・といった悲劇がよくあります。 こればっかりは、頼りは「経験」しかないです。

硝酸で腐蝕する場合は、気泡の出る勢いなどで判断したり、濃いトーンのアクアチントだったら、「ちょっと濃いかな???」と思うくらい十分腐蝕して、あとで磨いたり削ったりして調子を整えた方が賢明です。

■腐蝕し終わったら、アルコールで松脂を取る
aqua.gif
松脂を取り去った後の
銅版の状態

十分腐蝕した・・・と思ったら、まず表面についている松脂を取ります。

松脂はアルコール(薬局で消毒用アルコールとして売っているもの)で溶けるので、まずアルコールで銅版を拭いたあと、止めニスを、灯油、白ガソリン、リグロインなどで取り去ります。

■調子を整える

トレーシングペーパーを版面にかぶせて見ると、アクアチントの調子がわかりやすいです。

さて、アクアチントの調子は、どんなに慣れた人でも、「腐蝕しすぎて真っ黒」または「全然思ったほど腐蝕してなかった!」・・・・・等々のトラブル続出なものです。

腐蝕してなかった!・・・・という場合は、ザンネンながらもう一度、止めニス、松脂散布・・・を繰り返すしかないです。(^^;)

濃い部分のアクアチントは、サンドペーパーやスクレッパーで削ったり、バニッシャーで磨いて調子を整えます。

■松脂をまき直す
aqua8.jpg
1回目に定着した松脂をアルコールで拭きとったあと、
もう1回松脂をまいて定着させて腐蝕する。

また、どうしても1回松脂をまいて定着させ、腐蝕しただけだと、松脂の小さい白い粒々の跡が見えます。(作例の、上半分の部分)

松脂の白い粒々の跡が見えなくなるようにするには、アルコールで松脂を拭きとって、もう1回松脂をまき、定着させます。その後、同じように腐蝕すると、作例の、下半分の部分のように、なめらかな調子になります。

3回ほど繰り返すと、メゾチントのように漆黒の表現が可能です。

■完成!さあ、刷ってみよう!

刷りの工程は、刷ってみよう!を参照して下さい。