版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次  > 銅版画 アクアチント B.シュガー・アクアチント

版画HANGA百科事典

銅版画

アクアチント
B.シュガー・アクアチント

ここからアクアチントの応用編です。

「シュガー・アクアチント」は、水玉模様のような、飛沫のような効果が出せる方法です。
下右の写真の作例では、サーフィンをしている人物の回りに水の飛沫のような点がありますが、この部分はこの「シュガー・アクアチント」を使っています。

ドローイングなどで、白く残したい部分に「マスケットインク(ゴム液)」を筆で塗り、その上から水彩絵の具を塗って、乾かしてから、消しゴムでマスケットインクを取り去る技法がありますが、それと同じ理屈、と言えばわかりやすいでしょうか。

銅版では、マスケットインクだと上手く抜けないので、砂糖の溶液を使います。

砂糖を使うので「シュガー」アクアチント、と呼びます。又は「リフトグランド」ということもあります。

sugaraqua02.jpg sugaraqua01.jpg
砂糖の溶液を銅版に塗ると
つるつるな銅版の上なので、
筆の跡や水玉模様のような模様になる。
シュガー・アクアチントを施した銅版。
飛沫の部分がシュガー・アクアチント

シュガー・アクアチントの道具

■砂糖の溶液(シュガー液)
sugaraqua03.jpg

お湯に砂糖(身近にある、一番安いお砂糖でOK!)を、もうこれ以上溶けないくらい混ぜて、溶液を作ります。(以下、これをシュガー液といいます。)

飽和溶液になるくらい砂糖を入れると、蜂蜜か密飴のようにどろんどろんになると思いますが、そこまでする必要はありません。

要は銅版の上に塗ったときに好みの模様が出来ればよいので、アバウトで大丈夫です。また、砂糖だけで粘りを出さなくても、あとからアラビアゴムを混ぜることも出来ます。

ただ、思ったよりたくさんのお砂糖が溶けていくので、作りすぎにご用心。

墨汁や、ヤマト糊を水で溶いたものでも代用できるそうです。

■シュガー液に白の水彩絵の具、アラビアゴムを混ぜたもの
sugaraqua04.jpg

上のシュガー液だけでもいいのですが、銅版に塗った時に見やすくするために白の水彩絵の具、ポスターカラーなどを混ぜます。

さらにアラビアゴム、ヤマト糊などを混ぜると、液に粘りが出るので、筆で銅版に塗ったときに「ねと〜」っとします。

お好みの濃度を作ってください。

■液体グランド
sugaraqua05.jpg

この技法では液体グランドで全体の防触をします。黒ニス、止めニスではできません。

紙コップは、液体グランドを適当な濃さに溶くために使います。

シュガー・アクアチントのプロセス

■銅版の上にシュガー液を塗る
sugaraqua02.jpg

模様を施したい部分に、上の砂糖のシュガー液を塗ります。

水玉模様を、細かく「つぶつぶ」にしたいときには、銅版に薄く油(灯油)などを塗っておくと、少し弾くので、写真の左側のようになります。

ただ、あまりにべったり油を塗ると、この後の作業で液体グランドを流し引きしたときに、いつまで経ってもグランドが乾かずベタベタしてしまいますので、薄目に塗った方がいいです。

右側のように大きなタッチにしたいときには、シュガー液にアラビアゴムを多めに混ぜて粘りを調節をします。

■銅版を軽く熱し、シュガー液の表面を乾かす
sugaraqua06.jpg

ウォーマーの上に銅版を置いて熱します。

版を傾けて、シュガー液が「たらたら」と流れなければもう大丈夫ですので、熱しすぎないように。あくまで液の表面だけを乾かすのが目的で、中の方までコチコチに乾いてしまうと、この後、液体グランドを塗った後、お湯で抜くときに苦労をします。

■上から液体グランドを流し引きする
sugaraqua07.jpg
グランドの濃度を
銅版の端切れに流してみて
濃さを調整する。
sugaraqua08.jpg
グランドを
流し引きして
乾かした状態

液体グランドはあらかじめガソリンやリグロインで溶き、濃度を調節しておきます。

あまりにグランドを厚塗りすると、下のシュガー液が抜けづらくなりますし、薄すぎると腐蝕に耐えきれなくなるおそれがあります。目安は、だいたい普通にエッチングをするときくらいの濃度よりやや薄目・・・でしょうか。

シュガー液を塗って乾かした版の上から液体グランドを流し引きして、グランドを乾かします。

■シュガー液の部分を抜く
sugaraqua09.jpg
ぬるま湯を入れた
バットに銅版を入れて、
バットを揺らす
sugaraqua10.jpg
シュガー液が
抜けづらい時には
指で軽くこすって
落とす

バットにぬるま湯を入れて、グランドが乾いた銅版を入れてバットごと揺すり、シュガー液の部分がお湯に溶けてくるように、しばらく放置します。

あまり熱いお湯を使うと、液体グランドが柔らかくなってしまうので、あくまでぬるま湯で。

しばらくすると、白いポスターカラーの色がお湯に溶け出して、銅の部分が露出してきます。

抜けづらい時には、軽く指などでこすって落とします。

グランドが厚すぎた時などは、塗った全ての模様が抜けきれない事もありますが、このあと腐蝕することによって少しまた抜けてきたりしますので、あまりに完全に落とそうと長時間粘りすぎないように。

■上からアクアチントをかける

これで、水玉模様の部分は銅版が露出し、他の部分は液体グランドで防触膜が出来ている状態になりました。

この上から前ページのプロセスの通り、松ヤニをはたいて、下から熱して定着し、といったアクアチントの作業をおこないます。水玉模様の部分だけアクアチントでグレーにするわけです。

松ヤニを定着したらそのまま腐蝕液につけて腐蝕を行います。

この作例の場合はそのまま腐蝕液につけてディープエッチングにしました。シュガー液が抜けたところはディープエッチングと同じく、腐蝕によって一段掘り下げられた格好になります。

■腐蝕する
sugaraqua11.jpg

硝酸、塩化第二鉄、いずれかに入れて、好みの濃さに腐蝕します。

■腐蝕が終わり、ガソリンでグランドを取り去った状態
sugaraqua01.jpg

版の上にトレーシングペーパーをかぶせている状態です。

■完成!さあ、刷ってみよう!
sugaraqua12.jpg
この作例は
永沼版画アトリエの受講生の方の作品を
使わせていただきました。
完成作品はこちら
見ることができます。
sugaraqua15.jpg
この作例は
永沼版画アトリエの受講生の方の作品を
使わせていただきました。
完成作品はこちら
見ることができます。

刷りの工程は、刷ってみよう!を参照して下さい。

右上が上の版を刷ったもの。水玉模様がはっきり出ているのがわかると思います。

下は、炎の回りにシュガーアクアチントを施した作例です。

space.gif