バイオリンつれづれ Archive (69)

全ページ表示 1 2 3 4 5 6 7

引っ越します♪

予告通り、こちらの「バイオリンと外宇宙の話 vol.1」と、上のメニューから入れる「バイオリンと音楽まとめ編」は10年目の一区切りということで更新終了しまーす!

ブログの方は、「バイオリンと外宇宙の話 vol.2」として新しく始めますので、よろしくです♪ 

blogbanner2.png

本当はまたMovable Typeで構築しようかななんて思ったんですが、もうすっかりやり方忘れてて。(爆)

また重くなっちゃったりしたらイヤだし、レンタルブログも今は多機能・カスタマイズオッケー・バックアップも取れちゃうんですよね。

構築に時間かけてるより日記書いた方が楽しいんで(笑)、今度はFC2ブログにしました。
あ、今までコメントくださった皆様、エラー等でご迷惑おかけいたしまして、大変申し訳ありませんでした。m(_ _)m

なんべんも引越ししてご迷惑をお掛けしますが、今後ともよろしくお願いいたしま〜す!

あと、10周年記念(笑)ということで、新しいブログに10年目のまとめ感想編を書きたいと思います。

予告(爆)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1.アラフォーからでもなんとかなるぞ
〜肩こり克服 肉体改造 脳みそだって活性化〜

2.元ピアノ少女の功罪
〜音程とボウイングセンス〜

3.絵描きと音楽
〜印象派? 理系? 文系?〜

4.音楽性ってなんでしょう
〜オケや合奏団に入ろう!プロのソリストの素晴らしさ〜

5.近道はないみたいである
〜いかに楽しく続けるか〜

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ではっ。

あけましてブルッフ・やっと2楽章

さ〜て、予告通り新年初バイオリンネタは、ブルッフ2楽章で〜す!

死ぬまでに一度は弾きたかった曲の5本の指に入る曲・このブルッフの第2楽章!(^0^)

結構暇な新年ですので、頑張って譜読みしてみました〜。

DSCF0308.jpg

1楽章に比べると、だいぶ弾きやすいです!全四ページなんですが、なんとか最後まで譜読みしました。
しかし、ゆっくりな曲ほど難しいっていうからなあ。
ビブラートの出来不出来が重要な感じです。

山はこのあたりでしょうか。
DSCF0309.jpg

あと、意外とこの辺が弾きにくい。
DSCF0310.jpg

フラット三つの音階なので、音程がかなり難しいです。登ったり降りたりして、ハッと気づくと半音下がってたりとか。(^^;)

でも、この2楽章弾けて、ああバイオリンやっててよかったあ〜〜としみじみ感じました!(^0^)
憧れの曲ですからね〜〜。

少しでも綺麗に弾けるようにしたいです!

発表会も、強気でこの曲にしちゃおっかなあ〜〜。
(なんちゃって、いつも後で「なんでこんな難しい曲にしちゃったんだろう」って後悔するんですがね)

ゆくとし、くるとし

大晦日です〜♪

今年もこのブログを読んでいただき、ありがとうございました!
来年初めての日記は「あけましてブルッフ・やっと2楽章」になる予定です。(^^;)

さて、このブログの今後の展望と来年の予定です。

展望な〜んてちと大げさになるんですが、実は2005年からエキサイトのブログに書いていた日記をこちらの方に全部引越しました。

それで、今までバイオリンと音楽まとめ編に書いてきたバイオリン日記(月記?)とあわせて、わたしkeroの10年分の記録をまとめることができました。

アタシの10年分の記録なんて別にどうでも良いのですが、まあ、自分で自分の記録として楽しむのが目的ですし、また、ア・ラ・フォーから始めた初心者が、紆余曲折を経て、どのくらいヘタレなアマチュアバイオリン弾きになりしか、という記録ですので、同じようにバイオリンを習っている方の参考になれば幸いです♪ ま、ならなくても読んで楽しんで頂ければねっ。(^o^)

ところがですね、5年分の記録をいっしょくたにしてしまったせいか、最近Movable Typeが重いのなんの。記事の保存にすらエラーが出る始末。
バージョンアップしたりすればよいのでしょうが、もはやどうなっているのかもわからずという、情けない有様であります。

コメントを投稿して下さる皆様にも「エラー」なんてでちゃったりとか、大変ご迷惑をおかけしておりまする。m(_ _)m

そこで、ちょうど来年夏ごろがバイオリン歴10年の節目ですので、新年になりましたら、暇なときに新たかにブログを立ち上げようかと思っております!

タイトルは・・・
「バイオリンと外宇宙の話 vol.2」

・・・・・・
そのまんまじゃん!!(爆)

ひねりのなにもないタイトルですが、要はそのまま続きますということであります。(^^;)

根が怠慢人間ですので、1月か2月か、はたまた夏になるかわかりませんが、引越後もどうぞ引き続きよろしくお願い致します〜〜。m(_ _)m

そして、これまた暇を見てですが、新しいブログの方に、10周年を記念いたしまして(笑)10年目の感想まとめ編もアップしたいと思います!

あ、とりあえず来年も当分はこっちに日記書きますが・・・。
それでは、皆様良いお年をっ!!(^^)

オーケストラ入りたい病

今日は知り合いお二人が出演するアマオケのコンサートを聴きに行きました♪

プログラムはチャイコの「ロココの主題による変奏曲」と、マラ5(マーラーの交響曲第5番)です!

知り合いというのは、お一人はビオラの方で、もうおひとかたはファゴットの方です。ちなみに「コントラファゴット」でマラ5だけに乗られたんですが・・・・
いや、コントラファゴットってデカイですね。(; ̄∇ ̄A
音もデカイですが・・・

今日の演奏はアマチュアとは思えないような素晴らしい演奏でした!

オーケストラ入りたい病が復活しそう・・・。(笑)
私にとっては、マーラーをオケで、なんて、夢のまた夢ですが・・・。

バイオリンを初めて5年経った頃、私は定期的に演奏会をやるような、普通のオケまたは合奏団に入ろう!と決心しました。

それまでは、演奏会を目的としていない初心者向けの集まりには行った事があるんですが、やはり少し難しい曲を半年かけて仕上げる、ということがしたくなったのです。

その時に、弦楽合奏かオケか大変迷ったのですが・・・。

まだ自分は技術が全然なってないし、オケの大音量の中だと、いい加減に弾く癖がいっそう酷くなるかも(笑)と懸念したし、何よりまだレッスンを優先しよう!と、月に2回練習の団体を探して入りました。
そして、今に至ります。

弦楽合奏楽しいんだけれど、フルオケもやりたいなあ・・・。
だけど、交響曲って、実はあまり聞かないジャンルです。(^^;)
あ、マーラーは好きだけど、こういう難しい曲やるオケはアタシはお呼びじゃないでしょうし・・・。

来年でバイオリン10周年記念!になりますので、何か新しい目標つくるとしたら、オケ入団かしらん。
・・・アタシを入れてくれる奇特なオケがあればですけど〜〜。(爆)

クロイツェル32番

練習してます、クロイツェル32番。

20091102DSCF0136.jpg

・・・・
なんか、4行くらい弾くと、目がショボショボします。(; ̄∇ ̄A
しかし、この曲でそんなことを言ってたら、先は真っ暗です。

ガンバって弾いてみます・・・。

・・・・

1ページ譜読みすると、もう確実にお茶1杯飲みたくなります。
ああ、先は長い・・・。

弱音日記でした。

先生のコンサートとか、自分の動画とか

今日は先生のコンサートでした♪

曲目は、オール・バイオリンソナタで、ハイドン、メンデルスゾーンと、
わりとマイナーな曲が2曲続いた後、
最後にフランクのソナタ!!でした!(^o^)

この曲を聴いて、「バイオリン習いたい」と血迷って、
アラフォーから思わずバイオリンはじめちゃったkeroでございます。
大好きなんです、フランクのソナタ・・・

今日はもう、聴きながらウルウルしちゃいましたよ〜〜!
バイオリンのパートもピアノのパートも大好きです!

いずれはぜひ弾いてみたいナンバーワン曲です。

そんなわけで、今日はしっかり先生のボーイングを見てきましたっ!!
先生の弾く姿を「遠くから」見るって、案外ないんですよね。

特に、自分の動画でショックを受けたあとなんで、なおさらですが(笑)
自分なりにですが、自分の悪い所とか、足りない所はわかってきました。
・・・あ、いまさらって感じですが。(爆)

いや、ホント、ビデオで撮るのって勉強になるよね。
人が弾く姿を見る目も、なんだか変わってきたような・・・。

動画を撮ってみた

展覧会が終わったので、バイオリンの練習復活しました。(汗)

新しいデジカメ・FinePixF200EXRは、今までになく大容量のカードを装着してみたので、ビデオも30分くらいオッケーになりました♪

で、常日ごろ、自分のフォームとかボーイングが垢抜けないなあと感じていたアタシ、kero。

撮ってみましたよ〜〜。
ブルッフのコンチェルト弾いてる所。

仕事用に写真機の三脚あったので、カメラをだいたい譜面台のあたりに向けて、セット・オン!!
上半身だけですがkeroバイオリン動画!取れました〜〜。

・・・・・

ううう・・・

(T_T)(T_T)(T_T)

正視に耐えないかんじです!!

一応カメラを意識して、弓はまっすぐに弾いているんですがね、なんか弓の使い方がシロウトっぽいってか、目で見てもイマイチな感じっていうか・・・。

何よりアタシ・・・
ハラ出てるじゃん!!(怒)

なんか、バイオリンの出来とかより、これからダイエットに励みたい感じです。

そういうわけで、動画アップはダイエット後にします。
・・・あ、てことは、永遠にダメかも!?(爆)

新しいケースに替えたわけ

violincaseold.jpg

上の写真は、2003年からずーっと使っていたバイオリンケースであります。

色がちと気に入らなかったんですが、某ク○サワ楽器で8000円とお買い得で、軽くてリュック式にしょえるので、特に不満もなくずーっと使い続けておりました♪

新しいバイオリンを買ったので、ケースも新調しようかな?なんてちと考えるも、ま、いつかね・・・と後回しにしていました。
・・・のですが!

先週のことです。

いつもは猫に嫌われないように、仕事場のアトリエで練習してるんですが、その日はいろいろと立て込んでいて、作品とかお広げしていたのです。

で、片づけるのも面倒なのと、夕ご飯を早くつくらにゃ〜〜いけんぞ、ってことで、ニャンズに夜ごはんをあげたあと、2階の台所の窓を閉め切って、キコキコと練習を始めました。

いちおう小さい頃からバイオリンの音に慣れて下さるよう、猫たちには常日ごろから、アタシの美音をお聞かせしていたつもりです。

が、その日は例のブルッフの音楽か騒音かの所を練習したり、猫たちが食後にベランダに出て憩いたいという哀願も無視して、ひたすら急いで練習していたのであります。

一応ニャンズには「ほんの30分だからね〜〜」とお願いしたんですがね。なんか、その日は大変2ニャンとも腹を立てていた模様でありました。(^^;)

・・・・

しばらく練習に熱中していたんですが、はっと気付くと、なんか、く、臭い・・・・

猫トイレから臭ってきてるのか?と思ったけど、なんかもっと近くから臭ってるような気が・・・・。

ニャンと!!(◎_◎)
隅っこに置いていたバイオリンケースに、ニャンズのどちらかがチーをっ!!( ̄ω ̄;)

バイオリンケースに付属の、バイオリンの上にかける布ってありますよね、あれにタップリしみ込んでます!!(ヒい〜〜)

あわてて布をジャブジャブ洗い、バイオリンケース内にちょっとたれてたチーを「猫用消臭剤」でひたすら拭き拭きして、とりあえず干してみたんですが・・・・

1日経ってもまだプーンとかほる・・・(爆)

布はまあ良かったんですが、ケースはジャブジャブ洗うわけにはいかないしね〜〜。(;_;)ま、バイオリン本体と弓が無事だったのは不幸中の幸いですが、かすかなニホイとはいえ、バイオリンにうつったらやだしなあ・・・チー臭いバイオリンなんて嫌だしなあ・・・。

ってことで、速効でケースを注文し、無事次の日には新しいバイオリンケースが届きましたとさ。
いや〜、間に合わなかったら、合奏団の練習も欠席するつもりでしたよ。(だってねえ・・。ケースを開けたら、練習会場イッパイにカホリがプーンと・・・)

DSCF5120.jpg

てなわけで、新しいケースです♪
スーパーライトの三角型。例によってリュック式に背負えまーす。そして軽い!!

新しいケースに替えたわけ、でした。ちゃんちゃん♪

・・・・しか〜し、犯人はどっちのニャンでしょうかねえ。
焦って洗ったり拭いたりしている間、2ニャンともぽかんとして様子を見ていたんですが、こういう粗相って、現行犯をすぐ叱らないとダメなんですよね〜。(犬も猫も子供も同じ)

粗相をたまにするおドジさんは麦太くんと相場が決まってるんですが、そのあと猫トイレをみたら、麦太くんらしきウンニョとチーが。

す、すると、犯人は染ちゃんか・・・!!(; ̄∇ ̄A
(麦太くんよ、疑ってすまぬ)

いつもは賢くクールな染ちゃんですが、よほどアタシのバイオリンに腹が立ったのでしょうかねえ。(トホホ)
腹が立つとわざと粗相をして嫌がらせをするってのは、これも犬も猫も一緒ですな。
いやー、勉強になりました。(って何が)

教訓:猫のいる所で練習する時は、ケースを閉めよう。
(特にごはんの後は!!)

あ、サービス(笑)で麦・染の写真でーす。
DSCF5095.jpg

DSCF5109.jpg

ニスのこととか、アルペジオのこととか

レッスンが1ヶ月お休みだからといって、さぼってしまったら、苦労が水の泡〜〜!
練習は暇が出来たらぽちぽちやってます。いまのところは、ね。(笑)

最近秋風がヒューと涼しく吹く、良い気候になってまいりました♪

夏にゲットしたバイオリン2号くん。
ぷんぷん臭かったニスもすっかり乾いて・・・。そのせいかわかりませんが、日に日に音がまろやかに鳴るようになってきて嬉しい限りです!(^o^)

最初からG線D線A線など、特に低音のハイポジションが良く鳴る楽器でしたが、それに加えてE線も鳴るように・・・♪

それも、前のピグマリウスくんが「ストレートに鳴る」って感じだったのに比べると、マイルドに鳴るって感じで、ホントにアタシ好み!!(^o^)

こんなに良い楽器をゲットしたのだから、少しはブルッフ、マシに弾けると良いんですがねえ・・・。(汗)

今の所、「音楽か、騒音か」というレベルは脱したと思われるんですが、いまだ「音楽か、宴会芸か」というレベルです。

アルペジオのところだけネチネチ練習したら、だーいぶマシになりました。

Bruch.jpg

大体暗譜できたので、右手に注意して良い音が出せるように頑張りまーす!
バイオリン2号くんよ、もっと良い音を出していただけるようアタシも精進します!

アルペジオの苦労

ブルッフ、相変わらず進歩がありませぬ。(;_;)
しかも、レッスンは明後日だったりする・・・。

例のアルペジオですが
Bruch.jpg
先弓を使って、なるべく少ない弓で移弦とか弓の角度を気をつけると、ちょっとは弾けるということに気付きました。(^^;)

ま、そうは言っても、なんかなんですけど・・・
もたもたしてるっていうか、かっこよくないっていうか、さまになってないっていうか・・・

ブルッフのコンチェルト、ロマン派の中では難易度の低いコンチェルトなので、YouTubeで見てたらオコチャマの演奏がたくさんありました♪
オコチャマだけど・・・す、すごい!!(; ̄∇ ̄A

すごく上手な大人の演奏もいいけど、こういう子供の演奏も見ていて楽しいですね〜〜。

http://www.youtube.com/watch?v=6FpEZdWNhb4

http://www.youtube.com/watch?v=Bl2qPA_CHHM

サラ・チャンのブルッフ協奏曲

YouTubeで見つけました♪
この方、分散和音のカデンツァと最後のソロの間のトゥッティ、オケと一緒に弾いてますね〜。(珍しい!!)
でも、弾きたくなる気持ちも分かるかも・・・・

この後の、1楽章と2楽章のつなぎ目も、オケがかっこいいんです!!

バイオリンたこ

この1週間ほど、すっかり夏休みモードで、本職の作品作ったり、猫と遊んだり、バイオリン弾いたりしてましたが、バイオリンの方はこの三日ほどお休みしてまーす。

なぜかって?
わたしkeroは大変汗っかきで、夏になると首のバイオリンたこが悪化するんですよ〜〜。(;_;)

昔は顎の下のところにちょっと出来ていて、比較的目立たない位置にあったのが、ここ数年構え方を替えたり顎当てを替えたりしたせいか、目立つ所に出来てしまうようになったのです。

ま、別に目立っても良いんだが、夏になると汗をかくので、そのせいか皮が剥けそうになったりとか(汗)、ここのところちょっと痛くなっちゃったので、しばらくお休みして回復をまってます。

しか〜し、全然回復しそうにない!(^^;)
こうしてるうちに、せっかく覚えられそうになったブルッフ忘れちゃいそうなんで、どうでもいいから今日は練習しようかなあ〜〜。

汗っかきのせいもあるけれど、アタシくらいの練習量でタコが出来るのって、完全に力入りすぎなんでしょうね、多分・・・。(爆)

バイオリン2号くんと難曲2曲

猛暑が続きますね〜。

新作の私のバイオリン2号くんには、ちと過酷な季節です。
2008年作なのですが、製作者のMさんが傷をレタッチしてニスを塗り直してくれたそうで、まだニスの匂いがする2号機くん。

なるべく涼しい部屋に置いて、ケースに入れっぱなしにしないようにしています。
本当はつるして置くのが良いらしいのですが、うちは猫がいるしなあ。(^^;)

だいぶ気をつけてたんですが、猛暑の日に午前午後持ち歩いてたせいか、裏板のところにすこしだけ(3センチくらい)ケースの布地の「ざらざら」っぽい跡が付いちゃいました。ツルツルだったのになあ・・・。(-_-;)
あと、肩当ての跡とかも少々・・・。(-_-;)

さらに、昨日ブルッフで速いアップボウの練習をしていたら、右肩にガツンと傷をつけちゃいました!(-_-;)

道具だからしかたないですけどね・・・。
ツルツルピカピカだったもんで、ちょっとのこともいちいち気になります。1号機のピグマリウスくんは、最後の方はナーンも気にしてなかったですがね。(笑)2号機くんもいづれそうなるのか・・・。

暑い時にレタッチしていただいても、また同じことになりそうなので、涼しくなったら製作者のM氏の所へ行こうとおもいます!

さて、クロイツェル31番、譜読みをしたものの、半音が難しくて通して弾けませぬ。
DSCF4881.jpg

しかし、なかなかカッコいい曲です!(^o^)
弾いてて楽しいです!
クロイツェルなのに!(爆)

コレも3ページもあるんで、攻略にはさらに時間がかかりそうですな、ハイ。

ブルッフは、「いちいち楽譜見て弾いているようじゃ絶対攻略は無理」と悟ったので、脳みそを酷使して暗譜するように頑張ってます。

重音と、アルペジオの音程、あと、速いパッセージを明瞭に弾けるようにしたいです。

1週間ほど夏休みモードですが、出かけたりせず、バイオリンと猫とまったり暮らします。(^.^)

久しぶりのドッペル

さて、午後は東京は葛飾方面に移動して、不定期的にやっている合奏のお友達とのドッペルコンチェルトの集いです♪

バッハのドッペルコンチェルトは、鈴木バイオリン教本の4巻と5巻に出てくるおけいこ名曲ですが、ソロもトゥッティも、第1楽章から第3楽章までさらうとなると、かなり大変。

一応先週からさらっていたんですが、第3楽章だけは手付かずで・・・。(う〜ん、時間不足だった!残念。)

わたしは、1楽章と2楽章だけ、ソロを弾かせて頂きました!
なんかヘロヘロでしたが、楽しかったです!こういう時でないと、ソロなんか弾く機会ないですからね〜〜♪

少人数の一日だけの会なので、みなソロやトゥッティを代わる代わる弾いたり、タノシイ時間を持つことができました!(^o^)

それにしても、バッハは楽しいなあ・・・。

いつもは蒲田とか大森近辺でやっている会なんですが、未体験の葛飾方面だったので、飲み会じゃなくてお食事会で帰って来ました。夜遅くだったしね。(ちょっと残念)

バロックは楽しいなあ!(^o^)
と、しみじみ感じた、真夏の夜の夢でした〜♪

新しい出会いと悲しい別れ

新しいバイオリンとの出会いもあれば、悲しい別れもあり。

今まで使っていたピグマリウスくん、まだ確定ではないのですが、知り合いの生徒さんに引き取られて行くかも知れないです。

最初は、ずっと家に置いておこうともおもったんですが、とても2つの楽器を弾くほど余裕がないし。
ウチにおいていても、結局弾かなくなって、楽器がダメになってしまったら悲しいですしね〜〜。

嗚呼。
こういう時のテーマソングは「ドナドナ」ですな。(;_;)

あ〜る〜晴れた〜、ひ〜る〜さがり、い〜ち〜ば〜へ、つづ〜〜〜くみちい〜〜♪

ピグマリウスくんよ、(まだ決まったわけじゃないけれど)さようならを言うのはつらいですヨ〜〜(;_;)
9年間、本当にどうもありがとうでした!!

さて、バイオリンが新しいのに変わったと思ったら、何ですか、次々と「バイオリングッズ」に異変が・・・。(-_-;)

まず、ブルッフの譜読みでわけがわからなくなり、ずーっと使ってなかったメトロノームをとり出してみた所・・・

DSCF4814.jpg

ハリャ???
ウンともスンともいいませぬ。

電池切れかな〜〜と思って、単4電池交換したら・・・

や、やっぱり。(^^;)
ウンともスンともいいませぬ。

ありゃー、こりゃまずいな、ま、今日はメトロノームは諦めようと思って、チューニングを始めたところ・・・・

アタシの愛用のチューナーが・・・

DSCF4812.jpg

こりゃまたウンともスンともいいませぬ。
あ、この場合、液晶にメーターがふれなかったってわけです。

よく見たら、首のところが断線しているみたいです!

DSCF4813.jpg

実は、このチューナーは、クリップでバイオリンの糸巻きのところに装着し、内部マイクで音を拾えるようになっているのです。オーケストラなどで、回りがうるさい時も、自分の楽器の音だけ拾えるという便利なもの。

し、しかし、そのクリップとつながる線が断線してしまった模様。(; ̄∇ ̄A

外部マイクモードにしてみたら、ちゃんと作動したので、一般的なチューナーの役割ははたしている模様。

バイオリンを新調したとたん、2つも電気グッズが故障するとは!!(^^;)

しかも、両方とも保証期間すぎとるし・・・。

どうしようかと、散々迷いましたが、今のブルッフの攻略にはメトロノームは必需品と判断し、走って横浜ヤ○ハに行き、新しいメトロノーム買いました!

DSCF4811.jpg

一説には、モノにはみな、タマシイがあるとか。
ピグマリウスくんにもタマシイが。メトロノームやチューナーにも、タマシイがあったのやも知れませぬ。

嫉妬しないで、今の新しいばいよりんくんと付き合って下さいね〜〜。m(_ _)m。

新しい出会い♪

バイオリン歴9年目。
ついに新しい出会いがありました!(^o^)

DSCF4808.jpg

じゃ〜〜ん!!
二代目バイオリンくんです!!

一代目ピグマリウスくんがとっても良い子だったので、決意するまでに9年もかかってしまいました。しかも、残念ながらあまり予算がないこともあり・・・(^^;)。

だけど、ようやく出会いを持つことができました!(^o^)

写真だと、一代目と色があまり変わらないようですが、もう少し深い赤い色です。
(一代目ピグマリウスくん写真はこちら

日本人の製作者の方の工房で出会ったこの子は、一目(一聴?)で気に入ったバイオリン♪

決して高価なバイオリンではないのですが、2008年生まれの新作のこの子は、作られてからしばらくの間北海道の楽器屋さんに行っていて、私のために戻ってきてくれました。

しばらく弾かれてなかったらしく、一昨日、昨日、今日と弾くにつれ、面白いように鳴るようになってくれてます!

中低音域の音がとっても素敵!!(^o^)
残る私の人生で、どれだけ成長してくれるのか、とっても楽しみです!

あ、ついでに私の腕も成長しないとね〜〜。

ブルッフと9年目の夏

ブルッフ、譜読みを始めました〜♪

DSCF4787.jpg

最初の2行は出だしのソロのところ。
こういうところを弾いていると、オオ!!ブルッフ弾いてるぞ〜と、ヨロコビが込み上げてきます!(^o^)

比較的簡単だし。(笑)
問題はその後ですね。

DSCF4788.jpg
うーん、目が痛い・・・。(☆_★)

しかし、焦らずにゆっくり譜読みしてこうと思います!
音程とか、最初が肝心ですもんね!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

さて、7月になりました♪
この7月で、バイオリン始めて、ニャンと満9年目です!

2000年の7月に初めてレッスンを受け、「きらきら星」から始めたワタクシkero。
ア・ラ・フォーだったのが、いつのまにか、ア・ラ・フィーに。(爆)

いや、月日が流れるのは早いもんです。
しかし、思いつきでも気まぐれでも、9年前バイオリンを始めて本当に良かったとしみじみ思います!

最初は、本業のHPの中でこそこそ書いていた、バイオリン初心者日記。
その後blogに移行したり、ドメイン取って引っ越したりと変遷がありましたが、一応、10年を目標に続けてきました♪

なんと、あと1年したら目標の10年ですね〜〜。早っ・・・(◎_◎)

10年したら何か変わるか?ってわけじゃないけれど、とりあえずの10年目標です。(笑)

バイオリンを始めたたての頃、私は「本当に弾けるようになるのだろうか」と不安で、いろいろなレイトスターターの方のHPを見まくっておりました。
そして、大変な励みを頂いておりました♪

そのご恩返しに、この記録が少しでも大人から始められた方の励みになれば幸いです。これからも楽しくバイオリン続けていきま〜す!(^o^)

えーん、ごめんなさい〜

バイオリンの先生
神様 ホトケ様
ブッダ様 キリスト様
申し訳ありませぬ〜〜

ぜーんぜん練習してないのに、日曜日にレッスンです。
なんか、燃えつき症候群で、モチベーションがゼロっぽい。

今日、はっと思い出してクロイツェルをさらい直しましたが記憶喪失です。

おまけに、次の曲を決めてない・・・

何弾こう!?
クライスラーはもう飽きました。(爆)

とりあえず、手持ちの「いつか弾けると思って買っておいた楽譜」を総動員してみました。

バッハ「バイオリンとチェンバロのためのソナタ」
ドボルザーク「ロマンス」
フランク「ソナタ」
ブラームス「ソナタ」

・・・・・
最後の2曲はまだ無理っぽいので、バッハにしようかなあ・・・
しかし、これもちょっと弾いてみたらかなり難しいでした。
ドボルザークは前に発表会で弾きたいといったら先生に却下された歴史が。(爆)

とりあえず全部の楽譜持ってって、「どれにしようか悩んで練習できませんでした」と申告しようかな。ワハハ。(^^;)

ケララの風とヴィヴァルディ

今日は、初心者の頃からお世話になっている、不定期的にやっているアンサンブルの会に出かけて来ました〜♪

2時半から下丸子の会場。
よし、お昼には、前から気になってた大森の南インド料理の店に行こう〜♪ と決意。

知り合いから聞いていた、ランチのミールスセットのお得なお店です♪

え?
大森と下丸子じゃ場所が全然違うって?
ま、いいじゃないっすか〜〜(^^;)
こんなことでもなければなかなか行く気になりませんからね、大森。

で、行ってきました!
「ケララの風」
090614SBSH0018.jpg

駅から徒歩5分。昔ながらの商店街の中にある小さい店。

これが、ランチのミールスセット!!

090614SBSH0015.jpg

スパイシーであるにもかかわらず、サッパリと全然胃にもたれない!
しかも、このお店はお替わり自由!
ごはんだけでなく、カレーも、お店の人がお替わりと言うと足してくれるのですよ〜〜(^o^)(ラヴ)

わたしはつい、サンバルとクートゥカリーをお替わりしてしまいました!

さらに、食後にマサラティーもついて¥1,000なり!
なんと素晴らしい・・・・

家から近くだったら、週に5回は通いたい店ですね。(^^;)

さて、その後下丸子に移動。

今日はヴィヴァルディの3-11を合奏しました〜〜。

合奏団の本番と発表会で燃えつき症候群になっていたため、全然練習出来てなかったのが残念!

だけど、この会では、とっかえひっかえソロを替わったりして合奏できるのが楽しいです♪
こんなアタシでもソロを弾いたりできて、未熟者ですが楽しい時間を過ごすことができました。(笑)

次回はドッペルをやるということで、また楽しみ〜〜♪
ちゃんと練習しなくちゃね♪

明後日はピアノ合わせ

ぼっとしていたら、月日が流れるのが速すぎです。
明後日は合奏団の練習もあるのですが、午前中はピアノ合わせです。

今日は午前仕事だけだったので、午後ガンバって練習してみました。

ロンディーノは、セカンドポジションの音程がふらつきます。
アルベニスのタンゴは、フラジオとか跳ばしのとことか、重音のところでミョーな音が出たりします。

とはいえ、つっかえずに弾けるとは思います。

ふーむ、去年のドボルザークのアレに比べると、だいぶ心安らかな感じです〜〜。(ほっ)

ピアノ合わせも2回もあるしね〜。

ナントカなる!!
ナントカなる!!
ナントかなるっ!!
(マインドコントロール中)


やっとこさ通りました

レッスンも合奏団も二週間あいだが空いちゃったので、練習をサボりまくっていましたが、昨日今日と頑張って練習した結果・・・

アルベニスのタンゴが、やっとこさ通りました!(^o^)

あとは、音程を正しくし、表現を考えて、音色を美しく、ビブラートも奇麗に、フラジオレットが「スカ〜〜」ではなく「ピ〜〜」と奇麗に鳴るようにするだけです。

・・・・って・・・・
全部じゃん!!\(;゚∇゚)/

まだまだなんですが、要するに、「止まらずに最後まで通った」とゆうことです!!

あと、特筆すべきことは、ロンディーノもこのアルベニスのタンゴも、暗譜できましたっ!!

やっぱり暗譜するのはいいですよね、楽譜いちいち開くの面倒くさいし・・・
あ、そういうことではなく(^^;)
自分の身体の動きとか、音に集中出来るというのは強いです!

あとは忘れないようにするだけです。(爆)

今回は、とにかく奇麗な音で本番も弾けるように頑張りまーす!!


アルベニスのタンゴ

今度のレッスンは日曜日。前回から1週間しか空かないので、サボっている暇がありませぬ。
さっそく新曲のクライスラー編曲、アルベニスのタンゴ譜読みしてみました♪

MIDIファイル

DSCF4252.jpg
タンゴですよ!!素敵な曲です〜〜♪
ラテンな感じで、お色気たっぷりに弾かないとねっ!

出だしの白玉フラジオレット・・・・「スピー」って音が出ました。(^^;)
あんなに、あんなに小野アンナでやったのに・・・・
すっかり忘れてるぞ、フラジオレット!!

やばいっす〜〜

あ、この曲の山はこの辺なんですが・・・
DSCF4253.jpg
三段目の白玉のあたり、すご〜〜くゆっくりと弾いてみたんですが、やっぱり「スピー」って音がしました。(^^;)
あんなに、あんなに小野アンナでやったのに・・・・(以下略)

さて、この曲の音源、グリュミオーのCD1枚しか持ってなかったので、他の人はどんな弾き方してるのかな〜と思ってYouTubeで検索したら沢山ヒットしました。(便利な世の中になったものですよね〜〜♪)

しかし・・・
みんな、全然違う弾き方をしているっ!!(; ̄∇ ̄A
ボーイングもいろいろだし・・・
巨匠の方などは1オクターブあげて弾いたりとか・・・。
最初の「#ふぁ#ふぁ#ふぁ、そ、#ふぁ、ら〜〜」の所1つでも、テヌート気味に弾いてたり、スタッカート効かせて弾いてたり、ベタベタ弾いてたり・・・

こりゃ、アタシも好きに弾いたほうが良いのだろうか。(爆)

このアルベニスのタンゴは、二度ほど転調する所があるんですが、そこのとこが色っぽくて大好きなんですよ〜〜♪
色っぽい演奏を目指します!!(^o^)

ロンディーノってむずかしい

明日は久しぶりに、午前レッスン、午後合奏団というスケジュールで〜す!
加えて、今日は久しぶりに仕事のない土曜日だったので、沢山練習することが出来ました♪

しかし・・・
ロンディーノってむずかしいよおお。(;_;)

練習録音をして、自分の演奏を確認するも、ど〜も音程がはまってない気がする。
弾き始めると、「♭の音程高いです」と、先生の声が聞こえるし〜〜(空耳アワー!?)

そして、アタシはセカンドポジションが大変苦手だということが良くわかったし。(今更気付くの遅いかも)

出だしが良かった時は、最後で外すし、あちら立てればこちらがコケる。ヒイ〜〜(^^;)

実はこれ、6月の発表会で弾こうかな〜〜とおもっていたのです。
ちょっと短い曲なので、もう1曲はこないだやってたシンコペーションかルイ13世の歌とパヴァーヌにしようかな〜〜と。

だけど、ゆっくりな曲の方が難しいし。
もしかしたらミシミシの方が無難かなあ。(^^;)

は〜〜、悩みますう。

楽器の調整と猫

最近、弦高が高く感じるようになりました。
で、ハイポジが弾きにくくなったので、 楽器の調整に行ってきました〜〜♪

「もしかしたら、バイオリンくんは入院かなあ」と思ったら、
駒を少し低くするだけで大丈夫だったようです♪

ついでに一年放置していた毛替えもしました。

家に帰ってさっそく試し弾き♪
おお!
弾きやすくなっている〜〜〜

DSCF4214.jpgおや?麦太くんがいつの間にか楽器ケースに納まってます。
てか、はみだしてるよ・・・。(^^;)

DSCF1710.jpg染ちゃんも入りません。(^^;)

あんなに小っちゃかったのに。
2人でかわゆくケースに納まっていたのになあ・・・。 (T_T)
巨大に育ったものであります。

あ、↓は2007年7月の写真です〜。

e0049099_20511260.jpgのサムネール画像

クロイツェル29番と暗譜能力

DSCF4160.jpg

最近クロイツェルでは泣かされているので、こんな目が痛くなるような曲でも簡単に感じるようになりました。(笑)
簡単に感じたからって言っても、簡単に弾けるわけじゃないあたりが、難しい所ですがね・・・。(; ̄∇ ̄A

このクロイツェル29番は、とってもきれいな曲です♪

今回はバリエーションの1番と2番をやって来るように言われているので、スラーを気にせず、音程に没頭できるので、非常に楽しい!(^^)

クライスラーのロンディーノも楽しく練習中です。
しかし・・・この曲って、案外難しい・・・
どうメリハリをつけるか、つかみどころが案外ない!!

それよりも何よりも、ですね、
最近暗譜しよう!と頑張っても、なかなか覚えられないようになってきたんですよ!!

ヒイ〜〜(-_-;)

こんな、2ページの曲をすぐに覚えられなくなったとは・・・・
情けないっ!!
練習あるのみか?
それとも、脳細胞活性化のために、何か訓練したほうが良いんでしょうかねえ。

クロイツェル28番

お正月中は練習さぼりまくって猫と昼寝してたんですが(^^;)、
ようやく復活しましたっ!!

新曲のクロイツェル28番練習始めたんですが、む、難しい〜〜(-_-;)
でも、曲自体はすごくカッコいい曲です!

DSCF3935.jpg

解説にも「今までの応用です」と書いてありますなあ。
まあアタシの場合は、応用も何も、今までもろくに弾けてないのですから、この先はひたすらアップアップって感じですな。ダハハ。

少しでもかっこよく弾ければ良いのですが、難しいのが音の飛びつきがあること。(G線の1ポジからスラー付きで5ポジにジャンプとか)
あと、1と4の指で、10度のジャンプを要求してるところです。

男の人だったら、こういうの、ポジション移動ナシで届くんだろうなあ。(うらやまし〜)

最近、先生に音程をハゲシク直されているので、譜読みしてたら、先生の声が聞こえたような気がしました。幻聴?(; ̄∇ ̄A

12日の成人の日がレッスンなので、その時までにナントカしなくては〜。

最近はクロイツェルと曲の難しさが逆転してるので、クライスラーの「シンコペーション」は楽しく練習しています♪

特訓の成果か、最近は跳ばしが少しはマシになってきたかなあ〜〜( ̄∇ ̄)b

引っ越します♪

予告通り、こちらの「バイオリンと外宇宙の話 vol.1」と、上のメニューから入れる「バイオリンと音楽まとめ編」は10年目の一区切りということで更新終了しまーす!

ブログの方は、「バイオリンと外宇宙の話 vol.2」として、こちらで始めますので、よろしくです♪ 

本当はまたMovable Typeで構築しようかななんて思ったんですが、もうすっかりやり方忘れてて。(爆)

また重くなっちゃったりしたらイヤだし、レンタルブログも今は多機能・カスタマイズオッケー・バックアップも取れちゃうんですよね。

構築に時間かけてるより日記書いた方が楽しいんで(笑)、今度はFC2ブログにしました。
あ、今までコメントくださった皆様、エラー等でご迷惑おかけいたしまして、大変申し訳ありませんでした。m(_ _)m

なんべんも引越ししてご迷惑をお掛けしますが、今後ともよろしくお願いいたしま〜す!

あと、10周年記念(笑)ということで、10年目のまとめ感想編を書きたいと思います。

予告
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1.アラフォーからでもなんとかなるぞ
〜肩こり克服 肉体改造 脳みそだって活性化〜

2.元ピアノ少女の功罪
〜音程とボウイングセンス〜

3.絵描きと音楽
〜印象派? 理系? 文系?〜

4.音楽性ってなんでしょう
〜オケや合奏団に入ろう!プロのソリストの素晴らしさ〜

5.近道はないみたいである
〜いかに楽しく続けるか〜

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ではっ。

クリスマス・コンチェルトとコメダ珈琲店

さ〜て、午前中の騒動で少し疲れましたが(^^;)午後は下丸子に移動して、不定期的にやっているアンサンブルの会に行きました。

曲目は、コレルリのクリスマス・コンチェルト!!
私はコレ、大好きなんですよね〜〜♪
特に終曲のパストラーレ。それまでの短調だったのがここで長調に転調し、広がりをもったメロディーが一気に展開。感動します〜〜〜♪

練習を同じメンバーで行い、演奏会を目標にしている会ではなく、その場その場で来られる人でアンサンブルを楽しむのですが、初めての方も、久しぶりに会う方とも、たのしくアンサンブルができました!!

そのまま皆二次会へ突入♪

某チープ居酒屋で歓談している時、なんと、噂のコメダ珈琲店が下丸子にある!という話が出ました。

コメダ珈琲店とは、名古屋に展開する珈琲店で、名古屋人なら誰でも知ってるチェーン店だそうです。ブレンド珈琲頼むと袋に入った豆菓子がついてくるとか、カツサンドがものすごくでかいとか、クリームソーダがブーツ型のグラスに入って出てくるとか・・・。

何より「シロノワール」という、あったかいデニッシュ生地の上にソフトクリームが乗ったお菓子が、これまた巨大だとか・・・。

二次会で飲んだり食べたり胃がイッパイになっているにもかかわらず、一同「シロノワール」を想像して非常に食べたくなってきたのでありました。

「甘いものは別腹じゃあ!!」
と、コメダ珈琲店に向かいます。

SBSH0004.jpg

しかし、店の入り口にあるシロノワールの見本の巨大さを見て、張り切っていた一同はにわかに自信がなくなったのでした。(^^;)
で、でかいです・・・・。

でね、結局4人で1つ頼むという軟弱な結果に終わりました。
あ、美味しかったですよ、シロノワール・・・・。でも、でかい!!

SBSH0007.jpg

ブレンド珈琲には豆菓子の袋がついてます。

komeda1.jpg

あ、ちなみにコメダ珈琲店のホームページはこちらです。

合奏も楽しかったし、名古屋文化(爆)に触れることができて、なんと充実した1日だったことであるか・・・。

これにて、2008年のバイオリンのイベントはすべて終了しました!(^。^)
来年も楽しい音楽と、人との出会いが楽しめますように!

クライスラーのシンコペーション

最近は、先生に曲を合格にしていただくのが、クロイツェルといいクライスラーといい、ぐーんと厳しくなってきたような気が致します。(^^;)

自分でも「音程とかまあまあかな〜。でも、なんかシロウト臭いなあ・・・」と思う我が演奏。
きっと先生も「もっと音程とか音色とか、シビアになれ〜〜」と叫びたい所だと思いますが、何せクロイツェルも曲も飽き飽きですがな。(; ̄∇ ̄A

いやー、そんなこと言ってちゃいけねえ!
とばかり、昨日今日は少し頑張って練習しましたが・・・

新曲が1曲だけあるんですよね♪( ̄∇ ̄)bきら〜ん

クライスラー「シンコペーション」
ラグタイムっぽくて、楽しい曲です!
軽い音とか、跳ばしの練習にもってこい〜

DSCF3887.jpg

MIDIです

楽しいんですが、これもまだボーイングでもたもたしてる段階で、どうもスッキリ弾けません。

今度のレッスンは23日なんですが、この曲よりも「ルイ13世の歌とパヴァーヌ」を上げるほうが優先かなあ。
それよりも何よりも、クロイツェルの27番ですがな!(ヒイ〜〜)
しかし、もうすっかり譜面見るのもイヤですう〜〜

クロイツェルのCD効果

日曜日にレッスンなので、少々本番ボケ気味ですが
練習頑張ってまーす!!

さて、このまえTさんから頂いたクロイツェルのCD効果は絶大で、
クロイツェルの27番、いつになく意欲的に練習しています。(爆)

DSCF3470.jpg

この辺くらいまでくると、クロイツェルさんの音楽、奇麗ですね〜〜。
あ、ちゃんと弾ければの話ですが。(^^;)

曲の方は、クライスラーの「ルイ13世の歌とパヴァーヌ」を練習しています。
平易な曲だけに、どういう音を出すか、どういう風に弾きたいか、がポイントですね。
ミシミシみたいに、「とにかく弾けるようにならなければ」といった技術的な問題は全くないんですが、さて、先生にどう突っ込まれるか・・・が、楽しみでも有り恐ろしくも有りです。(笑)

あ、曲を知らない方のために。

midi「ルイ13世の歌とパヴァーヌ」

明日から三日連続

明日は仕事から帰ってきたらバイオリンもって出かけて、夜7時から合奏団のゲネプロ。
翌日は、朝11時から本番前最後練習。午後本番。夜打ち上げ。
明後日は、午後2時からレッスン。

・・・・
遊びまくりじゃん!!

まあ、行楽の秋といふことで・・・。(; ̄∇ ̄A

出不精・かつ腰の重い自分にとっては、バイオリン関係の行事は立派な行楽です。
が、しかし(遊びとはいえ)多忙ですね。ハハハ。

明明後日にまとめて日記をアップすると思いますので〜。

今日はホーマン会♪

昨日の今日ですが、不定期的にやっている別の合奏団へ。
今日は「ホーマン」というバイオリンの教則本を弾く合奏会に参加しました!

31lGFo7bBDL._SL500_AA240_.jpg

1巻から4巻まである教則本ですが、曲がバイオリンの二重奏になっていて、合奏を楽しめるところが特徴です。

わたしはバイオリン習いたてのころに、1巻だけやったのですが、ピアノで言うと「メトードローズ教本」を彷彿させるような、洒落た曲名が各曲についていて、なかなか楽しい教本でした。

今回取り上げたのは3巻から1曲と、4巻から1曲ずつ。
4巻の曲が、なかなか手ごわかったです(^^;)
2部にわかれて、およそ8人で弾いたのですが、なかなか響き良く、楽しく弾けました♪

そのあと、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」を4部合奏。
この曲はいろいろな編曲バージョンがあるんですが、今日はバイオリンの4部合奏です。

ゆったりテンポで上品に演奏します。
。。。。。。。。
な、なんか・・・・
すごい眠気が襲ってきました。
なんでだろう!
バイオリンだけの合奏で、低音がずーんとこないからか。
メンバーの皆様が皆お上手で、美しいハーモニーだからバイオリズムとマッチしたのだろうか。

いやー、合奏していていまだかつてこんなに眠気を覚えたことがないです。
あ、二次会ではぱっちり目が冷めましたけどね。(爆)

バイオリンだけの合奏って数が少ないんですが、次回はテレマンの「4本のヴァイオリンの協奏曲」をやろうとか話が出ました。うーん、楽しみです!!

ミシミシ中だるみしてます

この前のレッスンが9月15日で、次は10月の1週めの日曜日だと思う。(先生からまだ予定の連絡ないんですが)
3週間あいだが開いちゃうと、中だるみしまくりますな〜。レッスンの予定がたつと、それなりに目標ができるんですが・・・。

今日は三日ぶりにバイオリンさわりました。(ガハハ)

ミシミシはなるべく力を入れず「ぎこっ」という音を出さないように頑張ってます。・・・が、そうすると今度は柔らかすぎるような気がするし・・・。難しいものです。

で、小ボス中ボス大ボスと、アレグロの難しい所ピックアップして練習していたんですが、少しばかり弾けるようになるにつれ(あくまで当社比ですが)、今までそんなに難しくないと思ってたところが弾けてないような気がしてきました。

ま、言うまでもなく出だしのミシミシ、難しいですね。

それと、アレグロの出だし。ピアノなので、軽く飛ばすのと、フォルテでアルペジオ弾く所が交互に出て、なんかギコギコになったり、うまくいきませぬ。

misimisi8.jpg

misimisi10.jpg

暗号カデンツァ(大ボス)の前のところも、軽く飛ばすんですよね・・・。
ああ、書いてると、自分がいかにもこういうのが苦手って、よーく分かります。

misimisi9.jpg

難しい所は少しは弾けるようになったけどまだまだだし、弾けると思ってた所も弾けてないし、・・・ということは全部じゃん!!(; ̄∇ ̄A

ミシミシ、あと何ヶ月くらいかかるんでしょう。(ヒイ〜)

新しい録音機

実はわたくしkero、先月25日誕生日でした。
この歳になると全然誕生日はめでたくないんですが、こういうことにかこつけて、何かと買い物をしたくなるもんです。

去年はチューナーを買ったんですよね。
で、今年はと言うと、8年ずっと使っていたMDが壊れちゃったこともあり、新しい録音機を買っちゃいましたあ!!

DSCF3050.jpg

ZOOM H2です♪
WAV(劣化無しの録音)と、MP3の両方の録音が出来ます〜。
誕生日の前に届いたんですが・・・・

何と!
初期不良なのか、「バチバチ」いう音が録音に混じってました。(-_-;)
で、修理に出して、やっと今日戻ってきたというわけ。

マイクだけでも結構良い値段がするので、こういう品質の良いマイク内蔵型ICレコーダーで手頃なものを探していたんです。
使ってみると、やっぱり簡単でラクチンですね〜〜。( ̄∇ ̄)b

練習の録音チェックは上達への近道!!
てわけで、さっそくミシミシ録音してみました・・・・。

・・・・。

あまりの下手さ加減に、ちょっとげっそりしました。(真っ青)
もう少しで仕上がるはずだったミシミシですが、まだ先は長いような気がしてきた・・・。

良い録音機は落ち込みの元ですな。(T.T)

ブランデンブルグ協奏曲

今日は、いつも行っている合奏団とは別に、不定期的にやっている合奏の会に行ってきました♪

1年に3,4回ですが、あらかじめ曲を決めて、その場で合わせて、あとは楽しく飲み会に突入(笑)という会です。
いつもの合奏団のように、一つの曲を半年かけて仕上げるのも楽しい。
けれど、こういう会もいい!

曲目はブランデンブルグ協奏曲3番。

先週、この曲を、CD聴きながら練習してたら、ウチのダンナちゃんがなぜか反応。
「お、それって、ブランデンブルグじゃん」

なんで知ってるのかあ?と聞いたら、「Areaのアルバムに入ってるんだよ」

Areaとは、イタリアのジャズ・ロック・バンドだそうです。
オットの趣味は、しょすたこーびっちとか、あるばん・べるぐとかより渋すぎて、聴いててさっぱり頭にはいりませぬ。

・・・それはともかく、ブランデンブルグ協奏曲、バッハの中でも私はあまり聴かない音楽系なんですが、オットが知っているくらいだから、ポピュラーなんでしょうか。

バイオリン、ビオラ、チェロが、それぞれ3部に分かれ、どのパートも忙しいという。

全体的にそんなに難しいってわけじゃないんですが、それぞれのパートが必ずソロがあり、そこのとこだけ弾きづらいんですよね。(笑)

今日の会は、それぞれのパートに、それぞれしっかり弾ける方がそろっていたので、1回でそれなりに通せたりとか、大変楽しい会になりました♪

この会は、私がバイオリンを始めて半年くらいの時に無謀にも参加した会で、およそ7年半くらいお世話になっています。
そのころは、ブランデンブルグ協奏曲を合わせられるなんて、夢にも思わなかったものですが・・・。

合奏の後は、次回の曲について、泡の出る飲み物を飲みながら楽しく相談しました♪
いいけど、帰る時間には、また雨。

湿っぽい日がはやくからっとしますように。

暑いしオリンピックやってるし

先生のご都合で、今月は月初めはレッスンなしで、次回は17日日曜日です。
先月のレッスンとだいぶ間が空いてしまったんで、「ミシミシ」なんとか仕上げたい所なんですがね・・・

暑いし!!( ̄ω ̄;)
しかもオリンピックやってるし!!(; ̄∇ ̄A

ついつい見ちゃうんですよねえ、柔道とか水泳とか重量挙げとかフェンシングとか体操とか卓球とかカヌーとか・・・

いけねえ、いけねえ!!

ってことで、今日は頑張って練習しました、ハイ。

アレグロの部分、何とかテンポ四分音符=70位で弾けるようになってきました♪
「中ボス」がつっかえがちですが・・・。まあ、練習あるのみか。

misimisi3.gif

でも、このくらいのテンポになると、最初から最後まで通すと、ヘロヘロだけど大変爽快です〜♪

「オオ!!アタシはこんなポピュラー名曲弾いてるゾ!!( ̄∇ ̄)/」
もお、喜びが湧いてきます!
ご機嫌です。
自己陶酔型バイオリニストですな・・・

一ヶ月くらいしか練習してないけれど、ミシミシは、見た目や聴いた感じほど難しくないと先生が言ってた意味が少しわかりました。
いや、もちろん私には難しいんですけれどね、そんなに複雑な構成であないというか。
クロイツェルの難解部分が大中小そろった感じですか・・・。

これと全く逆で、見た目は超・簡単そうなのに難しいのは・・・やっぱりモーツァルトのソナタでしょうかねえ・・・。

とりあえず、日曜日までに「大ボス」攻略を頑張らなくては。
misimisi4.gif

だいたいパターンはつかめてきたんですが、奇麗に弾けない・・・。てか、音程が奇麗じゃないんでえす。

奥の深いビブラート

ビブラートが、動画付きでとてもわかりやすく解説されてるサイトを発見しました!

Violin MasterClass

英語ですが、狭い幅のビブラートとか、幅広く、また、早め遅めと、いろんな曲の例でわかりやすく説明されてます。

モーツァルトの2楽章のビブラートのかけ方なんて、おお!!と目からうろこでしたよ〜〜!!

あと、ビブラートをかけている所の撮影の角度が、なんとなくわかりやすい!!
非常に勉強になります。

この動画見てると、すぐ自分もかけられそうな気がするんだけどなあ・・・( ̄ω ̄;)
やってみるとうまくいかない事が多いです。
特にハイポジション!!難しい〜〜

ミシミシ攻略中

毎日暑いですね〜〜。
今年はなるべく省エネで頑張ろうと思ってるんですが、バイオリンの練習する時だけはクーラーつけちゃいます。(顎当てがぬるっとすると気持ち悪いんですもん)

さて、ミシミシ攻略中です!(笑)
後半のアレグロ、ネチネチのろいテンポで練習し、ようやく四分音符=60くらいのテンポになりました。・・・うっ、ええ、まだまだアレグロには、ぜーんぜん遠いですがね。(汗)

しかしですね、最初に「大ボス」だと思い込んでいた最後のオールダウンの3重音は、実は割となんとかなるとわかってきました。
ゆえに、こいつは「小ボス」に格下げね。(^^;)
misimisi2.gif

で、「小ボス」はこちらだったんですが・・・・
misimisi3.gif
これは「1000本ノック大作戦」で、なんとか左手は押さえられるようになりました。(^^;)
つまり、楽しい「みしみし〜〜」の1ページ目は飛ばして、練習の始めにここを10回練習する。100日練習すれば1000本ノックなんで、誇大広告もいいとこですがね。

まあ、そんなに見た目ほど難しくないんです。ただね、右手が、速いテンポになると移弦が大変なのと、跳ばしっぽく弾くのが難ですな。ちゃんと2本ずつ弓が弦に命中しないと、せっかく押さえた左手がもったいない!!という恐怖にかられます。(爆)

こちらは「中ボス」に格上げです。

晴れて大ボスになったのは、呪文のようなカデンツァです!!
misimisi4.gif

ここはCDを聞くと、過剰に何かの音を強調したり、テンポゆらしたりしてるわけでなく、音程正確に、透明感のある音でひたすら弾いてると、たまーにメロディーのようなものが聴こえてくる・・・・って感じですよね。

しかし、そうとう音程ぱりっとしてないと、もお〜〜全然奇麗じゃなくなるところが、相当シビアです!!

ゆえに、一番難しいの、ここだと思います!
練習しよう・・・
だ、だけど、ここんとこって、はたして暗譜出来るんでしょうか・・・。(汗)
YouTubeを見ていると、小っちゃい子供が暗譜ですごい早いテンポでサクサク弾いてますがね〜。

こういうのって、右脳の活性化に良さそうな気がするなあ。(ん???いえ、特に根拠はないんですが・・・)

8周年!

暑いです〜〜!!
まだ梅雨明け前なのに、夏が来たぞ!!って感じですね。

今日クーラー入れて「ミシミシ」練習しながらふと思い出したんですが、この7月で、なんと!
アタシがバイオリン習い始めてから8周年なんですよ。
(2000年7月から習い始めた)

♪♪なんてめでたい♪♪

え、なんで5周年とか10周年じゃなくて8周年がめでたいのかって?
それはですねえ、
幼少のころ習っていたピアノの記録を超えたのです!

ピアノは幼稚園の頃から習い始めて、小学校6年でやめたので、だいたい8年くらい習ってた勘定になります。
ま、最後の2,3年は習ってたけどかなり「イヤイヤ」で、練習せずにレッスン行って、先生に怒られてまたイヤになったりと、幼少のみぎりとはいえ我ながら不毛なことをやってましたね。。
親が「やれ」ということは、みんなイヤ、という年頃でしたので・・・。

大人になって、自分で月謝払って習うと、熱の入り方がちがいますな。(爆)

以前は、いい歳をした大人が「未体験の楽器を習い始める」なんて考えもつかなかったけれど、あきらめなくて良かったな〜とつくづく思います。
ま、8年やってても下手くそですがね。

何かを始めるのに、遅すぎるって事はないんだなあ〜〜ってつくづく思います!

このまえ、こんな力強いお話も聞きましたよ♪
80歳で(しかも、全く初めてで!!)ピアノを1から習い始めた方がいるそうなんです。レッスンは体力が持たないから、60分を3回にわけて、20分づつ練習するんですって。

素晴らしいですよね!!

アタシも80歳になっても、何か新しい事を始められるお年寄りになりたいです♪

新曲は?

日曜日は、先月からずーっとバイオリンのイベントでいっぱいだったけれど、今日は久々に家で猫さんとのんびり過ごす日曜日です♪

さて、先月毎週レッスンとピアノ合わせがあったので、今月は来週の日曜日1回だけのレッスンです。

クロイツェルもすっかり忘れているからなあ・・・。
そういえば新曲はどうしよう!!何にしよう。

発表会の選曲の時のことを思い出す。もうすっかり記憶が薄れかけているのだが(汗)

2月の自分の日記によると、家中の楽譜を引っ張り出して検討していたのであった。
たしか、ミシミシとドボルザークのロマンスは半端に譜読みもしかけたっけ!

・・・・
よ〜し!!
発表会では弾く度胸がなかったが・・・・

ミシミシにしよう!!

ミシミシとは=クライスラー「前奏曲とアレグロ」 のことでございます。

misimisi1.gif

みしみし、みしみし〜〜♪みみしし、みみしし〜〜♪

この後、「どみそど、#ふぁらどれ」になる。
皆さんご存知のポピュラー名曲ですが、重音がやっぱり多くてね。とくに後半「アレグロ」になったあたりから難しいです。

最後のオールダウンの3重音なんて、いったいどうなるんでしょう。

misimisi2.gif

しかし、ドボルザークのおかげで、最近少しは重音アレルギーは治ってきたような気がする。

今まで左手の押さえばっかり気にしていたけれど、重音は右手、つまり弓の圧の問題が大きいことがわかったからであります。

これで、重音にビブラートが奇麗にかけられるようになるといいんだけどなあ・・・

発表会前一週間のテンションで、あと半年練習したら、ドボルザークも完璧に弾けるようになったかも知れないぞ!!(爆)

それはともかく、譜読み頑張らなくては。
最初の「みしみし♪」の、前奏曲の部分が楽しいので、そこばっかり練習しそうなのが怖いです。(汗)

前途多難なドボルザーク

今度の日曜日にレッスンなので、なんとか「音楽になる程度には」弾けるようにしていこうと、ドボルザーク「4つのロマンティックな小品」全曲必死で練習してまーす!

まあ、何とかなりそうだ・・・。
重音のところ以外は。

・・・って、重音って・・・沢山あるじゃん!!
(ヒ〜〜。シュルル・・)←血の気が引く音\(;゚∇゚)/

1曲目と3曲目は単音で流れるようなメロディーなので、比較的簡単です。
(と言っても3曲目はオクターブ進行がある。いやーん)

e0049099_9174673.jpg

救いはですねえ、2曲目も4曲目も重音が多いんですが、6度が多いので、前にやったモーツァルトの2楽章のカデンツァほど酷くはならないということです。

ま〜〜、そうですね、今日録音してみたら、(運がいい時はたまに)音程が合うようになってきましたあ!希望的観測で行くと、一ヶ月後には2回に1回くらいはあうんじゃないでしょうか。(^^;)

山は一番最後のページですね。

e0049099_20202842.jpg

ああ、本当に間に合うんだろうか。
間に合わない気がしてきたあ〜〜(やばっ!!)

この日記はexblogからの転載分です

顎当て交換しました♪

ずーっと使っている私のバイオリン。
2000年製ピグマリウスST-3号です。(今はモデルチェンジしちゃったそうで、売ってないらしいですね〜〜)
e0049099_15373115.jpg

で、一昨日、楽器屋さんで弓の毛替えをした時に、顎当てを換えてもらいました!!
e0049099_1537434.jpg

顎をより真ん中よりに置くことが出来て、だいぶ楽に構えられるようになりました♪

え?
8年も弾いてるのに、何で今ごろ換えたんだって?
それはですねえ、先生が替わるたびフォームを大改造したり、肩当てが変わったりと、フォームが安定してなかったためですよ。バイオリンをちゃんと持ててなかったんですな。(恥っ)

それに、最初の予定では5年位したらもっと良いバイオリンを買おうかな〜〜なんて考えてたんですがね。
・・・オカネがたまらなかったんですよ。(恥っ)

しかし、このピグマリウスくん大変良く鳴るし、買った当時から比べるととても音もマイルドになって、特に不満はないので、当分は使い続けまーす!!

ミシミシやめた

前回のレッスンの後、クライスラーの「前奏曲とアレグロ」譜読みしてみました!
ん〜〜〜
うう〜〜〜ん

苦手系とりそろえたような曲だっ!!
●5度の進行や重音が多い
●弓が全部返し。(つまりスラーがない)
さらに加えて
●シチリアーノとリゴードンを彷彿させるような上り下り

かつて発表会で失敗した苦い記憶がフツフツとよみがえるう〜〜

重音のところは、案外無理のない左手で、練習さえすればなんとか出来そうな気がします。
アレグロでなければですが。(爆)
とゆうか・・・コレをアレグロでなんて一生弾けなそうだ!!

だけどなあ・・・先生おすすめって言ってたしなあ、どうしようかなあ〜〜とモンモンと悩んでいたら、おととい先生からメールを頂きました。

「ドボルザークの『4つのロマンティックな小品』を弾きたいとおっしゃっていた方が、別の曲に変更になりました。keroさんの選択肢にどうぞ加えて下さい。」

天からの助け!!
「4つのロマンティックな小品」にします!
と、即メールを打ちました。

久しぶりに無謀系な選曲も良いかと思いましたが、あまりにも無謀すぎてもアレですんで・・・。
ええ、アタシは小心者です。

ドボルザークはとっても奇麗な曲なので、楽しみでーす!!
最初は、これも重音が多いからどうかなあ〜と思ってたけど、ミシミシ譜読みした後なので、超簡単に感じます。(爆)

しかし、展覧会で忙しかったこともあり、加えて新曲の譜読みなんかしてたこともあり、次回のレッスン、課題を全然練習出来てないよう〜。
次回のレッスンって・・・明日です!!(^^;)

楽譜を眺めて楽しく悩む

25日からの展覧会、ようやく作品のめどが付いて一安心♪
いつも、仕事して家事して、合間にあわただしくレッスンの練習やって1日終わりってパターンですからね〜。(練習サボる日ももちろん沢山ある。(^^;))

今日はとりあえず一休み!ってことで、眠っている楽譜引っ張り出して、発表会の曲何にするかCD聴きながら悩んでみてま〜す。

e0049099_13365511.jpg

いつか弾ける日も来ると、希望的観測で買っておいた楽譜たちでーす。積み上げてみると結構量がある。

うーむ、これを全部こなすだけで、アタシの一生は終わるかもだ。(爆)

☆教本系

●鈴木の8巻
エックレスのソナタ、ベラチーニのソナタが入ってます。
ベラチーニのソナタはなかなか良いかも・・・。だけど、第2楽章のトリルがクロイツェルを彷彿させてちょっとイヤ(笑)

●新しいバイオリン教本4巻
5巻と6巻は難しそうだったり、以前弾いたチャイコの瞑想曲がダブっていたりしたので買ってないです。
この4巻の中ではモーツァルトのアダージョK.261っていうのが良い曲だなあ。

☆小品系

●ヴァイオリン名曲選集(森本琢郎編)

●バイオリン名曲31選(内田輝編)

●クライスラー名曲集(1〜2巻)

タイスのナントカとか、愛のナントカはあんま弾きたくない(^^;)
クライスラーの前奏曲とアレグロはいつかは弾きたい。重音で苦労しそうだけど。

☆最終野望系 その1 今でも無理すりゃ何とかなるかも?系

●ドボルザーク ロマンス op.11
●ドボルザーク 4つのロマンティックな小品 op.75
●ドボルザーク ソナチネト長調 op.100
●バッハ バイオリンとチェンバロのための6つのソナタ

バイオリンを習い始めて、これが弾けたらいいなあ〜とずっと考えてた「最終野望曲」。(爆)しかし、8年目にして、ようやく手が届き始めたのが嬉しい。
ドボルザークって、カルテットとか室内楽が好きなのですよ♪
ソナチネは楽しいし、ロマンスは奇麗だし。
バッハのソナタはヘンデルとちょっと似た感じですが、もう大好きです!だけど、伴奏がチェンバロだから、発表会で弾くのは難しいかなあ・・・。

☆最終野望系 その2 今はとうてい無理でしょう系

●ブルッフ バイオリン協奏曲
●フランク バイオリンソナタ イ長調
●ブラームス バイオリンソナタ 1〜3番
●バッハ 無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ

どの曲も大好きです〜〜。
しかし、好きなだけにもう少し自己嫌悪を感じない程度に成長してから手を付けたい。
そんな日が来るのか?というツッコミはなしとして・・・

その他にも、まだ弾いていないモーツァルトの4番もやりたいし、モーツァルトやベートーベンのソナタ集でも弾きたい曲あるし、グリーグとかロマン派系のソナタも大好きだし、たまには派手系の小品も弾きたいし・・・

うーむ。
弾きたい曲は今からちゃんと考えておかないと、死ぬまでに弾ききれない可能性ありですな。(^^;)

やっぱり拷問系

12/8の日記で、「トリルは比較的弾けるので、クロイツェルの課題はそんなに「拷問系」ではない」と書きました。

しかしっ・・・・
アタシは甘かった。
やっぱり拷問系でした!(爆)

これは18番です。
e0049099_22164292.jpg

リズムも、3連符だ、4連符だとややこしい上に、装飾音とトリルを7連符で弾けだの、ポジションチェンジまでして、3と4でトリルを打てだの、もうもう・・・。
拷問です。

今度のレッスン日曜日なんだけど、全然弾けないっすよ、もう・・・
これを年越して練習するのだけは避けたいっ!!

もう一つの拷問といえば、2楽章のカデンツァ。

e0049099_1502057.jpg

クロイツェルのおかげか、こっちの方が簡単に感じます。
いや〜〜、クロイツェルって偉大ですなあ。ワハハ!

などと言っている場合じゃありませぬ。(^^;)

重音は意外と見た目より簡単なのですが、最後に重音トリルがあるのが問題です。
つまり、1と3の指を押さえておいて、2と4の指でトリルを打つわけですが・・・。
だ、ダメです〜〜
トリルというよりアヒルがパタパタ歩いているような感じにしかなりませぬ。

あと四日でなんとかせねば。
お正月は3楽章練習したいなあ〜〜(タメイキ)

2楽章練習中

土曜日にレッスンなので、頑張ってモーツァルト2楽章譜読みしてま〜す♪

音程とかは、第1楽章で苦労した後なので、簡単に感じます。
テンポがゆっくり目だから、なおさらね♪
しかし、前にやった協奏曲第3番の2楽章に比べると、ちと退屈・・・(笑)
奇麗な曲なんですけどね。

あったかい音を出すために、弦を指を寝かせ目に押さえたり、工夫してるんですが、そうするとビブラートがうまくいかない。
こうゆう、ゆっくり目の曲ほど難しいんだなあ・・・

ともあれ、練習すればなんとかなりそうです。

問題はカデンツァ!!

見ると目がいたくなりそうなヤツです。(^^;)

e0049099_1502057.jpg

三度の重音が大のにがてなのは、「ファーストポジションで長三度が開かない」ゆえなんですけど、この楽譜ではそれがないので、少しばかり胸をなでおろしました。

三百回くらい弾かないと音楽にならなそうです。
練習あるのみか。はあ〜

今度のレッスン

昨日先生からメールが来ました♪
今度の日曜日とその次の日曜日でどうでしょうという内容でした。
アリャ〜全然練習してないゾと焦って「練習不足ですみません〜」と返事を書いたら、またメールが。

「今展覧会の真っ最中なんですね。もしなんでしたら、30日だけにして、来月3回レッスンでどうでしょう」

ああ・・・
なんて優しい先生!(涙)

ということでレッスン日記は30日までお休みでーす!

新しいチューナー♪

今までずーっと音出し機能付きのメトロノームを、チューナー代わりに使っていたんですが、落として壊してしまいました。(T_T)

e0049099_14485872.jpg金欠だったので、しばらく442ヘルツの音叉を使用。
小っちゃくて楽器ケースの小物入れに入るし、とっても便利だったのですが・・・

e0049099_1449465.jpg先生が持っているチューナーを使わせてもらったらとーっても良かったので、誕生日のプレゼントということでオットに買ってもらいました♪(エヘヘ)
あ、これも小さいので小物入れに入ります!

e0049099_14503695.jpgこんな感じでネックに装着して使います!
クリップのところに採音マイクがあるので、合奏の時など、他の人の音に惑わされずにチューニング出来てとっても便利。
譜面代などに付けて使う時は、マイクを内蔵の物に切り替えて使えま〜す♪

モーツァルト協奏曲5番

毎日毎日暑いですね〜

春ソナのピアノ合わせの後少々練習をサボっていたけれど、本業の方も仕事が一段落したこともあり、今日はじっくり新曲の譜読み始めました!
レッスンがまだまだ先なので、エチュードとかやる気にまだならないけど・・・。(^^;)

モーツァルト・協奏曲5番!
思えば、バイオリンを始めて1年目の発表会の時、この曲を中学生が上手に弾いてたなあ・・・。(その時アタシはバッハのブーレ弾いたんだっけ。←遠い目)

2004年に協奏曲3番を練習していたので、譜読みしながら「ああ、ここはこう弾くんだな」とピンと来ます。イメージが掴みやすいのは、2曲目だからですね〜。

ああ、あの時1年がかりだった3番・・・。ろくに弾けなかった3番・・・。
苦労は無駄じゃなかったと信じたい。(涙)

先生曰く、3番が1番難易度低めで、4番5番は大体同じくらいということです。
つまり、難しいってことですよね。(^^;)

確かに3番に比べて、より高いハイポジションが多くって、高いところでの16分音符が沢山あったり、まずは何を置いても「音程!!」・・・って感じです〜。

良いところはですねえ、カデンツァが3番より簡単です!!
ヨアヒムさんという方のカデンツァですが、第1楽章に限って言えば、重音が少なめなのが何よりよろしい。(爆)

だけど、第2楽章のカデンツァを見たら、あらら・・・。
真っ黒だわ。(@o@)
やっぱり重音だらけで目が痛くなるようなのでした。
弾けないですよ、こんなん。トホホ。
(自分で作曲した方が良さそうだ。しないと思うけど)

超低速で1楽章(除くカデンツァ)を通して弾いてみたけれど、いい曲ですよね♪
溌剌として、明るくて、生き生きとして。出だしのスローなところも綺麗に弾けたらステキだと思う。

がんばらなくちゃ〜〜♪
早く全楽章弾きたいっ!
年内制覇を目指したいけど、無理か・・・。

ピアノ合わせは日曜日

先生から春ソナのピアノ合わせの日取りが決まったとメールが来ました♪
今度の日曜日です!

オオ〜〜〜
ウウ〜〜〜

(はりきって鼻息を荒くしているkeroであります)

取りあえず、目標は
「今まで注意されたところは全部クリアする」
「かつまた、少しでも音楽に聴こえるように頑張る」(^^;)
「余裕を持って弾けるようになるべく暗譜する」
ってところですか。

さて現在、本業の方が少々立て込んでいて、アトリエで練習しづらく、早起きして二階でちょこちょこ練習してるんです。
これで新しいニャンズたちに嫌われるかな〜と恐れておりましたが・・・・

何と!
チビニャンズたちは、あまりバイオリンの音に動じないのですよ。
最初に弓で音出したらさすがにビビってましたが、そのうちワラワラと楽器ケースに近づいて、臭いを嗅いだり、ケースの中で憩ったり。

故・コケちゃんはバイオリンケースを見ただけで逃げ出すほどバイオリンが大嫌いだったもんだ・・・。と言うか、も〜しかしたらワタシの腕のせいだったのか?

七年で、少しはワタシの腕もあがったのでしょうか。(オホホ)

というのは希望的観測で(笑)
じつのところは猫によっていろいろのようですね。

小さい頃からバイオリンの音に慣れてくださいな〜〜
ということで、ケースに入ったニャンズの記念撮影です。
e0049099_20511260.jpg

難しいよう(T.T)

4楽章、超低速なら、なんとかつっかえずに最後まで通せるようになりました・・・・。
ただ1箇所を除いてっ!!
e0049099_12371621.jpg

カイザーかクロイツェルの練習曲みたいだあ〜〜。
ここさえクリア出来れば通して、それなりに自己満足に浸れるのに。(笑)

あと、スプリングソナタは、やっぱりピアノがないと何が何だかわからないので、MIDIファイルを利用して伴奏つきで練習したりしております。本物のピアノ伴奏に比べりゃ、そりゃ機械的でメトロノーム代わりみたいなものですが、それなりに楽しい♪
4楽章MIDI

このファイルでだいたい四分音符120テンポ。
しかしっ、これだと弾けない・・・・。問題のオクターブ重音のところだけでなくて、ややこしいところは全部弾けないので、だいたい100テンポあたりからゆるゆると上げていこうと思ってるんですが、オクターブの所がネックとなって、全然上がっていかないっす。(^^;)

日曜日のレッスンまで間に合うだろうか。トホホ。

アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク

レッスンのあと、午後は鎌田に移動。

今日は不定期的にやっている有志の合奏の会で〜す♪
アイネ・クライネ・ナハト・ムジークの1楽章を合わせるのだが、この期におよんで、ファースト、セカンド、どっちのパートを弾くか考えていなかった。(^^;)

一応、いつもの合奏団の方で両方のパートを弾いたことがあったので、どっちか人数の少ない方へ行こうと考え、会場につくと、圧倒的にセカンドの方が多かったので、ファーストを弾きました〜。

いつもの合奏団は指揮者の先生がすごい早いテンポで弾くので、鍛えられたのだろうか。(笑)今日はゆっくりテンポだったからかなり余裕で弾けて嬉しかった。

何回弾いてもいい曲だなあ〜♪
こういうポピュラーな曲をやるのは本当に楽しいです!ここのところの鬱な気分も吹っ飛ぶ爽快さでした〜。
企画してくれた皆様、本当にありがとうございます!

合奏の後は楽しい飲み会♪
ここのブログとかmixiの日記で猫の話を書いていたせいか、猫のことで慰めのお言葉を頂きました。皆様ご心配をおかけしまして申し訳ありませぬ〜。

次回は第2、第3楽章をやるとのこと。今から楽しみです♪

明けまして春ソナ

明けましておめでとうございます〜。

ちょっと本職の銅版画の方で年末年始忙しく、今日になってようやくスプリングソナタ、練習復活〜〜。正月に春ソナって、何となくおめでたくて良い感じです。(意味不明)
一週間さぼったのですっかり忘れておりますな。ワハハ。(^^;)

ところで春ソナの出だしですが・・・
e0049099_1930357.jpg
楽譜を買う時にいろいろ眺めていたら、出だしがダウン始まりのとアップ始まりのとありました。イメージ的には、ダウンだと「いかにも明るい春」な感じ。のだめの峰くんの春ソナもこっちでしょう。

一方、アップだと「しみじみ、春だのう」って感じですね。(笑)

私が買った楽譜はアップ始まり。ピアノという指示記号に従うと、たしかにこっちの方が正しいかもしれない。先生に聞いたら、「いろいろな解釈があるので、どっちでも良いです」とのことでした。

実は以前、デュメイ&ピリスのコンサートを聴きに行ったら、アップ始まりで、しみじみ春って感じの出だしの演奏が大変美しかったので、わたしもアップ始まりのにしてみました。(ミーハー)

とにかくこの出だし四小節が奇麗に弾けたらいいんですが・・・。

あと、疑惑の音符が一個!!
e0049099_19372289.jpg
私の持っているメニューインのCDだと、この「ド」が「レ」になっているので、「もしかしたらミスプリでしょうか」と先生に聞いたら、先生の持っているCDでは一方が「ド」で、もう一方は「レ」だそうな。
諸説あるんでしょうか〜。ややこしいですなあ・・・。

まあ、そんなことより早く通して弾けるようになりたい!!
いまのところ「春ソナ」っていうよりか、「正月」「梅雨」なテンポでしか弾けません。(^^;)

録音してみた

モーツァルトのホ短調のソナタ、自分の演奏、録音してみました〜。

音程はまあまあ合ってきた。
と、思う。(当社比)

気になるところは、

その1,付点のリズムが甘い!(ボーイングといい、左手といい、なんか弾きにくいので、ついつい甘くなりがち。いかんな〜)

その2,一楽章の跳ばしのところがモタモタする。(それに、でっかい音をだすところと、軽く出すところが区別できてないゾ)

その3、ビブラートが相変わらずチリメンビブラート(録音で聴くと、二分音符しかかかってないみたい。トホホ)

二楽章は、比較的自分としてはまあまあかと・・・(これも、当社比ですが)
一楽章は、やっぱり難しいですね。

録音の結果、一楽章は5分40秒くらいかかりました。
で、二楽章が6分ちょっとなので、両方弾くと10分超えちゃいますねえ〜。

先生と、繰り返しを楽譜通りするかしないか話していたんですが、一楽章って、全部繰り返すとこの倍かかるんですね、この曲。(ほとんど全部繰り返すんですよん)

取りあえず、本番は繰り返しはなしという方向で行こうかなあ。(爆)

明日はレッスン

久しぶりに日曜日じゃなくて、明日は夜レッスンです。

合奏団の本番が終わって、しばらくさぼっていたけれど(笑)なんとか練習も復活中。
ヘンデルの二重ソナタ、譜読みして一通り弾けるようになりました♪
私が弾くのは第二楽章です。
なかなか恰好良い曲なので、明日のレッスンで先生と合わせるのが楽しみ〜〜

一方モーツァルトの方は進歩があまりないです。(^^;)
一応暗譜したんだけどなあ。
難しいです。思ったような音が出ない。
特に透明感のある、ふわっとしたところが上手くゆかないです。
ビブラートのかけかたがいけないのだろうか?
ドスの効いた音は出るんだけど。この前のレッスンでも、調子に乗ってガリガリ弾いていたら、「いくらなんでもモーツァルトだから」と先生にたしなめられました(笑)

バッハの一番を弦楽合奏で♪

さて、レッスンの後は下丸子へ移動。
今日はいつもの弦楽合奏団ではなくて、不定期的にやっている合奏団の集まりです♪
不定期的ながら、もう2001年からずーっとやっている集まりなので、昔からのメンバーも方もおり、新しいメンバーの方もおり、楽しい合奏会♪

で、今日はバッハの協奏曲第一番を弦楽合奏で!ということで、ファーストバイオリンのトゥッティを弾きました。ソロだけでなくトゥッティ弾くと、曲の構造が良くわかって面白いですねやっぱり。ピアノ伴奏だとわからない各パートの絡みなんかもよくわかり、流石バッハ様!と感心することしばし。

ある程度仕上がったら、ソロを交代で弾きました。一応私も弾かせて頂いたんですが、午前中のレッスンでパワーを使い果たしていてヘロヘロになってて、なんか変な音出しちゃった。(^^;)

でも、弦楽合奏でソロが弾けるなんて経験が出来るだけでも興奮ものです。合わせて頂いた皆様、どうもありがとうございました〜!

3楽章もヒイヒイ(^^;)

というわけで、バッハの2番。第3楽章も譜読みを始めましたが・・・・

た、大変。(^^;)
1楽章ほどじゃないけれど、指とアタマが覚えてくれるまで苦労しそうです。
何が大変って、こういう細かいところ。

e0049099_1795186.jpg

弓もややこしい。
バッハとかって特に、楽譜の版によってスラーとか指番号とか、だいぶ差がありますよね。
私が買ったのはベーレンライターの新版で、原典版とAndrew Manzeさん(知らない人ですが)の校訂版が2冊ついているもの。

いちおう先生と両方見て、適宜弾きやすいように直したり、ポジション変えたりしてはいるんですが・・・・。まあ、きっと元から弾きづらい曲なんでしょう。(笑)

シャープ4つの曲って、今合奏でもドボルザークの弦セレもそうだけど、ハーフポジションとダブルシャープが多くって、どうも苦手っぽい・・・・。

バッハ2番の譜読み中!

次のレッスンは当分先だと思ってさぼっていたら、もう来週の金曜だ〜。

おまけに来週は、所属している日本版画協会展の審査で上野に3日ほど通わねばならない!そして、夜は飲み会になる可能性大なんで、バイオリンに3日ほど触れないかも!ちゃんと譜読みしなくては。(^^;)

バッハの2番は♯が4つ付いているホ長調。
どうも、わたしはこのホ長調が苦手です。
なんか、やたら「ダブルシャープ」とかが付きまくるのよね。楽譜見てると目が痛くなります。

ハ長調の1番に比べると、ううっ。やっぱり弾きにくい〜〜。音程難しい〜〜〜。
ポジション移動とかはむしろ1番より少ないのにね。

この2番、持っているCDはクイケン&ラ・プティットバンドの演奏のもの。これは、古楽器の演奏なので、チューニングが半音低くって、CDと一緒に弾くことが出来ないです。そこで、モダン楽器の演奏も一枚買おうと思って、ヒラリー・ハーンのCDを買ってみました!

うわー、テンポ早ー。

生き生きしてとっても素敵な演奏だけど、一緒に弾くのはちょ、ちょっと無理っぽいかも・・・。(爆)

ヴィヴァルディ合奏会♪

今日は、いつもの合奏団ではなく、不定期的にやっている合奏団の
ヴィヴァルディ、調和の霊感3−8を弾く会、に行ってきました!!

メンバーも、久しぶりにお会いする方もおり、とっても楽しく弾くことができました!

この調和の霊感3−8、弦楽合奏プラス、バイオリンソロ2本の曲。
バイオリンソロをとっかえひっかえして演奏したのですが、わたしもセカンドソロを一回弾かせて頂きました。

先週の日曜日の本番、月曜日のレッスンと少々燃え尽き症候群なので、練習不足。
な、なんか「どらどら」とか「みそみそ」などの、ややこしいところは全部落ちていたような・・・。(^^;)

それにしても、弦楽合奏の中でソロが弾けるなんて、自分の実力から考えると夢のようなことですよね〜♪
またこういう機会があったら、下手くそなのは恥ずかしいけれど、がんばってソロを弾けるように練習したいですー。

ビブラート再考

この前のレッスンで、先生に「keroさんのビブラートは、幅が狭くて速度が速い、いわゆるチリメンビブラートですねえ」と指摘されちゃいました。

「もちろん、そういうビブラートの音が必要な時もあるのですが、もっと幅広くゆったりかけるのも練習しましょう!」ということで、今、再び習いたてのころのビブラート練習をしています。

こんな感じで、一拍で3回ゆらし、次に6回ゆらし、という風に、なるべく幅広くかけられるようにする練習です。

今まで、ビブラートを自分ではかけているつもりでも、録音とかするとあまり反映されてなかったので、なんとか美しくフルフルとかけられるようになりたいっ。

曲想によって色々かけわけられるようになったら嬉しいなあ♪

しかし、あらためて4年前の録音を聴くと、絶句・・・。今でもビブラート苦手だけど、この頃から比べると(少しは)進歩したなあ・・・。(^^;)

初心者で、ビブラートでお悩みの皆様!あきらめずにかけ続けることがビブラート上達の秘訣のようです。(笑)

明けましてバッハでーす

皆様、明けましておめでとうございますっ!

暇なお正月休み、keroは何をしているかというと・・・・

逃避行動でバッハをひたすら弾いています。(爆)
もちろん、ロンドをもっと完璧にしようとか、エチュードをしっかりさらおうという意志はあるのですが、まあ、お正月ですから・・・。(^^;)

明日からちゃんとセブシック、音階、クロイツェルをやりまーす。(^^;)

クリスマス合奏会♪

12/25、バイオリンを始めて8ヶ月目からお世話になっている、蒲田の合奏会に参加してきました〜♪
定期的にやっている合奏会ではないのだけれど、足かけ5年近くお世話になっているところなので、メンバーももう昔からのお知り合い、ってかんじで、久しぶりに集まれてとっても楽しい!

今日は、会場で譜面を渡し、初見だけど楽しく遊び、飲み会に突入しましょう、という企画。

弾いた曲は・・・
チャイコフスキー「Chanson Triste」「Humoresque」
モーツァルト「カルテットK.156 ト長調 1~3楽章」
コレルリ「クリスマスコンチェルト 4〜6楽章」
勢いに乗って
「ホワイトクリスマス」「赤鼻のトナカイ」

・・・・・と、弾きまくりの一日でした!
さすがに疲れて最後の赤鼻のトナカイのあたりではなんだかさっぱりわからない出来になりましたが。(^^;)こういう風に弾きまくるのもなかなか楽しいです♪

合奏のあとは楽しい飲み会に突入♪
充実したクリスマスでした〜。飲み屋のメニューがクリスマスっぽくなかったけど。(^^;)

クロイツェル

クロイツェルの練習はじめました!来週の課題は2番から。

カイザーの36番がメチャ難しかったためか、涙が出るほど簡単だ〜。(笑)

なぜ2番から始めるかというと、1番はゆっくり目の曲で、教本の解説に「この1番はなかなか難しいので後回しにして2番から練習して特別な時期に練習すると良いでしょう。」と、訳がわからないことが書いてあるのです。だったら1番にそんな曲持ってくることないじゃん〜、と、ツッコミを入れたくなりますが・・・。(^^;)

で、コレが2番の楽譜。

e0049099_16564633.gif


カイザーの1番を彷彿させる曲ですね。
次回の課題のバリエーションは4つ。

e0049099_1705423.gif


なんだか、久しぶりに右手の基礎をじっくりやらされそうな予感です。

ロンドのカデンツァ練習中!

最後の方までようやく手が着きました、モーツァルトのロンド!

でもって、難関は最後のカデンツァのところであるが・・・・。

e0049099_2232411.jpg

ここのところは見た目よりは左手は簡単。
だけど、どういう風に弾くかが難しいです。タメたり伸ばしたりするところと、さらりと弾くところとつくってドラマチックに弾きたいのだが・・・・。
まずは、さらりと弾けるようにならないといけない。(^^;)

あとは重音地獄です。

e0049099_223478.jpg

こういうのがわたしは大変苦手!
だけど、ここ2年ばかりの間、小野アンナ音階教本で、3度の重音、6度の重音、オクターブ、等々たっぷり苦労してきたかいがあったのか!?
前に協奏曲3番でさんざん苦労時に比べるとだいぶ音程がマシになってきたぞう!\(^O^)/

しかし、やっぱり手がおもわずつりそうな所満載です。
音程はともかく、ちゃんとなめらかに歌えるようにならないといけませんねえ〜。
道は長い〜。

弦を注文

バイオリンの弦選びって難しい〜。

今まで使ってきた弦は、ドミナント、INFELD(赤)、エヴァ・ピラッツィ、ビジョン・チタニウムである。新しいもの好きなので、いっぺん使った弦をあまりリピートしない性格だ。(笑)

ドミナントよりはINFELD(赤)がなめらかな気がする。
INFELD(赤)よりはエヴァ・ピラッツィがダイナミックレンジが幅広いような気がする。(でもお値段がメチャ高い。)

それで、去年、新発売になったビジョン・チタニウムという弦を試してみたら、倍音成分が沢山はいっているような、ものすごーく響く音がして、大変気に入った。
ところが、しばらく使っていたら、D線が大変チューニングしにくい。発音も悪い。
倍音が出過ぎなのかしら、と、これだけドミナントにしてみたが、どうも改善しない・・・。(^^;)

エヴァ・ピラッツィが一番良くて、長持ちするような気がするのだが、お値段がねえ〜。
いろいろ迷ったけれど、今回はまたINFELD(赤)を注文してみました〜。

わたしは弦はお買い得なネット通販で買ってます♪

フォームの再確認

先生に言われたとおり、肩当てをKUNにして、構え方を若干変えてみた。
今までより姿勢は良くなったと思うのだが、慣れないせいかどうも肩当てが痛い・・・・。(^^;)

肩当ての高さとか変えたり、角度を変えたりしていると、あっというまに練習時間が終わっちゃう。トホホである。アゴ当ての種類も色々あるんだよね、たしか・・・・。
しかし、そこまでいじっていると、悩みはますます深くなりそうだ。

フォームというモノは奥が深すぎて、考えれば考えるほどむずかしいっ。

ヴァイオリン体操&あがりを克服する

発表会の前にお世話になったバイオリン関係の本を2冊ご紹介。

●ヴァイオリン体操
肩こりに悩んでいたkeroはこの本を読んでだいぶ楽になりました!
あまりに沢山の体操がのっていすぎて、全部やれないんですが(笑)、バイオリンを弾くときにどういうポイントで身体をリラックスさせれば良いのかが的確に書いてあるので、お勧め本です〜。
体操の写真がちょっと笑えるのですが(^^;)ひるんではいけませぬ。

4276144574.09.MZZZZZZZ.jpg演奏が楽になる音も良くなる ヴァイオリン体操―自然体で弾くためのフィジカル・トレーニング
神原 泰三 / 音楽之友社
スコア選択: ★★★★

●あがりを克服する
発表会前に食い入るように読みました。(^^;)
でも、あがっちゃったけど・・・・。
発表会や演奏会の対処療法ということだけではなく、普段の練習からどういうことに注意するべきか、「身体面」と「精神面」の2つの角度から、練習方法も紹介しながら詳しく書かれております。
翻訳がやや直訳風で読みにくいのですが、初心者の方で、わたしのように発表会ではいつもあがっちゃって・・・。と言う方はぜひ読んでみて下さい!

4276144582.09.MZZZZZZZ.jpg「あがり」を克服する―ヴァイオリンを楽に弾きこなすために
カトー ハヴァシュ Kato Havas 藤本 都紀 今井 理瑳 / 音楽之友社
スコア選択: ★★★★★

モーツァルトのロンド

さて、さっそく・・・。
実は8月2日に発表会があった。
詳細はこちらを見て頂くとして・・・

バイオリンの発表会が終わって、今日ようやく音階とか、カイザーとかをやる気になったのであった。(^^;)やっと通常練習モードに戻れるか!?じぶん。

カイザーには相変わらず泣かされる。34番のオクターブ分散和音の練習曲なのだが、2段弾いて「ハア〜」と思わずため息とともに楽器をおろして休んでしまうのであった。1と4の指で指板をするする移動しまくらなくてはいけない。「音楽」じゃなくて「拷問」だ。

曲は、次からモーツァルトのロンド(クライスラー編曲・ハフナーセレナードより)を見てもらう予定なので、前半2ページくらいざっと譜読みをしてみる。

前半は譜面ヅラは簡単だけど、簡単な音型にもモーツァルトくささが必要。もっとオシャレに弾けるようにしなくては。
後半と重音だらけのカデンツァが大変なのは予想の範囲内。・・・今度のレッスンのあとに練習しよっと。(^^;)

初blog

今までずーっと、本業のホームページの中に、趣味のバイオリンの事や、好きな音楽、本、映画、料理等々の話題を書いてきたのですが、やはりタグ打ちで編集したりするのが時間がかかるんで、つい面倒くさくて更新がおこたりがちになってしまう。

こういう話題って思いついたときにすぐアップできるのが一番。そこでblogを始めてみました!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

バイオリンは2000年夏から始めて、やっと5年目の初心者です。
少し難しい曲にもチャレンジするようになったのですが、「美しい音」を出せるようになるにはまだまだ修行がたらず、苦労中。

下手くそですが、不定期的にやっている弦楽合奏団と、月に2回の弦楽合奏団に参加して、大いに楽しんでおります。

いつか美しい音が出せますように!

5年間の悪戦苦闘物語&おまとめ編はこちらにありますので、興味のある方は読んで下さい〜。

全ページ表示 1 2 3 4 5 6 7

         
Tag Cloud
         
外宇宙へのリンク集
NameCard
        
Search
Feeds
         
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ にほんブログ村 猫ブログへ
 

Return to page top