版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 版画全般 版の形式の話

版画HANGA百科事典

版画全般

版の形式の話

ここでは、もう少し細かく、版画を

版の形式(プリンティングプロセス) によって見ていきましょう。
頭に版と紙をイメージして説明を読むと、良くわかると思います。
なぜ、2種類も分け方を説明するかと言うと
、版の材料による分け方(木版、銅版・・・)だけでは理解しづらい版画の種類が沢山あるからです。

たとえば、木版は凸版・・・出っ張っている所にインクを付けて刷る、と前ページで説明しましたが、木版にニスを塗って彫刻刀で鋭い線を彫り、凹版刷りをする人もいます。

また、銅版は凹版と説明しましたが、銅版を使って凸版刷りを刷る人もいます。

版画のやり方はアイデアしだい。
現代の作家は色々な工夫をして色々な版材料を使っています。
作品を見て、「これはどういう技法で作っているのかなあ・・・」と考えられるようになると、現代版画を見るのもいっそう楽しくなることうけあいです!

ここでは版の形式を大まかに4つに分けます。( 凸 凹 平 孔 )

1.凸版(relief printing)

凸版

版の出っ張っている所(凸部)に絵具をつけ、それを刷りとる

代表的な版種
凸版作例
三枝孝司「記憶の単位」

石の部分はスチレンボードを使った凸版
この作家の作品をもっと見る!

2.凹版(intaglio printing)

凹版

版のへこんでいる所(凹部)に絵具を詰め、それを刷りとる

代表的な版種

3.平版(planographic printing)

plano.gif

水と油の反発作用を応用し、平面の油の部分にインクを付着させ、それを刷りとる

代表的な版種
木版リトグラフ作例
楠本英治「見慣れた森」

木版の上に描画し、
彫刻刀などで彫り、
リトグラフの方法で製版した
「木版リトグラフ」
この作家の作品をもっと見る!

4.孔版(stencil printing)

孔版

型紙の切り穴の部分を通して、下の紙にインクを刷り込む

代表的な版種

5.その他

6.併用版

中込洋子併用版作例
中込洋子「白い干潟と炎の祭」

黒の版は銅版凹版。
色の版は、塩ビ板に
樹脂を塗り筆目を出して
ローラーでインクを盛った
「コラグラフ」凸版
この作家の作品をもっと見る!
参考資料:日本版画協会画集(社団法人 日本版画協会発行)
space.gif