版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 版画全般 額装の方法

版画HANGA百科事典

版画全般

額装の方法



版画の額装の方法


せっかく苦労して作った版画。 完成したら、額縁に入れて飾りましょう!

また、作家の方以外にも、版画をたくさん購入するコレクターの方などは、 額装した作品を沢山買い込むと、家に置く場所が無くなってしまう、 という悲劇にみまわれてしまいますよね。(笑)

版画の場合はたいがい、額込で購入する以外にシート(作品のみ)を購入することができます。 マップケースのような、作品を平らに重ねて保存できる棚をお持ちの方は、シートで作品を購入する方が省スペースですね。 また、シートだけ購入して、自分の好きな額縁を選んで額装をすることもできるわけです。 もちろん作品を画材屋さんや額縁屋さんに持っていって、 額装を頼むのが一番簡単なのですが、その場合は額を新しく注文しなくてはなりません。 すでに沢山の額ををお持ちの方は、ぜひ自分で入れ替えてみましょう。
ここでは版画作品の額装の仕方をカンタンに説明します。

額装してみよう!

■マット紙の入れ方
版画の額装 マットの入れ方

図のように、ガラス、アクリル面と版画作品がぺったりくっついてしまわないように、間にマット紙をはさみます。

■マット
作品とアクリル板の間のマット
作品とアクリル板の間のマット。
作品より少し大きめの窓になっており、
切断面は45度になっている。

版画作品の表面に直接額縁のガラス、アクリルがべたっと付いてしまわないように、マット紙というものを間に挟むのが普通です。

マットは作品の左右と上側は5ミリ位、下はエディションやサインが入っているので、少し広めの1センチ位大きめに。

切断面は45度に切り、見栄えを良くします。

■マット加工
マット切りに必要な道具
マット切りに必要な道具。
45度カッター、金定規、カッター台。

マットを自分で切る場合は、45度に切込みの入れられる「マットカッター」というものを使わなくてはなりません。

マットは丈夫で厚い紙ですから、切るのは少々技術がいるかも・・・。かくいう私keroもマット切りはへたくそです。(笑)

裁断料はとられますが、マット加工だけでもやってくれる所もあるので、自信の無い方は頼むほうが良いでしょう。 額縁屋さんに作品を持っていって加工してもらいます。

その時、入れる予定の額のサイズを忘れずに控えていきましょう!

マットの色も真っ白なもの、少しクリームがかった色のものなど、色々な種類がありますから、飾る絵との相性を考えて選びましょう。

器用さに自信のある方は自分でトライしてみてくださいね。 写真はマットを切るのに必要な道具です。

■マットの切り方
マットの寸法
マット切りの寸法の取り方

右図のように、作品がタテ構図かヨコ構図かによって、サインの位置が変わってきますので、間違えないように!

A、Bは額の裏当紙を参考に、額と同じサイズに切ります。

C・・・作品のヨコ画面サイズ+1.5センチ

D・・・作品のタテ画面サイズ+1センチ

E・・・(B-D)÷2

F・・・(A-C)÷2


寸法がとれたら、45度カッターでマットに窓を切り抜きます。

■マットに作品を固定する
マットに作品を固定する

窓ができたマットの裏側から、作品をあててみます。

光に透かして、ちょうど作品が真ん中に収まるように調節し、うまくできたら作品とマットをそっと机の上に置いて、三角コーナーを貼って作品を固定します。

作品に直接テープなどを貼ることは避けましょう。

■フレームにセットする

あとはガラス、アクリルの上に作品を固定したマットを置き、額のフレームにセットします。 そうそう、ガラスやアクリルなどはこの時必ず良く掃除して置きましょう。

額に付属している紐をしっかりかけて、額装、終わりです!

最近は額縁にガラスを使っているものは少なくなりました。 やはり地震など起こった時の事を考えると、割れないアクリルを使用した額縁がオススメです。

フレーム部分は、シンプルなシルバーのもの、白木のもの、茶色い塗った木目のものなど、本当にさまざまなものがありますから、絵や絵を飾る壁面の事を考慮して選びましょう。

あまりゴテゴテした、絵柄よりも派手なものは避けたほうが良いでしょう〜。

版画作品の額装の方法