版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画 刷ってみよう! D-2.見当の付け方

版画HANGA百科事典

銅版画

刷ってみよう!
D-2.見当の付け方

多版多色刷りで同じ紙に何枚もの版を刷り重ねる場合、 必ず同じ場所に版が刷れなければいけません。
ずれてしまうと、「版ずれ」といってぶれぶれの絵になってしまいますね〜。
そこで版と紙を正しく合わせるために 「見当」を付ける必要があります。

見当を正しく合わせる、これって結構大変な事です。
浮世絵師などその道のプロフェッショナルな方は、ものすごい精度で見当を合わせられるようですが、まあ、初めての方ではうまくいかないことでしょう。

特に、銅版はものすごいプレス圧で、しかも紙を湿した状態で刷りますので、1回目のプレスによって、紙はローラーの移動方向にかなり伸びてしまいます。
上手に版ズレを起こさずに刷るには、やはりある程度の経験、慣れが必要です。

4点見当の方法

■プレス機の鉄板の上に敷く下敷き用の紙の準備をします。
firumu.gif
このような見当を書いたフィルムを
プレスに置く。
中心線は、色版を刷るとき
正確に位置を決めるのに必要。

kentou1.jpg
レスにおいた
見当フィルムと
塩ビ版

kentou2.jpg
塩ビ版を
めくったところ

基本の刷りでも書きましたが、プレスの上に私はいつも銅版の鉄板の上に1ミリの透明な塩ビ板を敷き、下に、薄いポリエステルフィルムに自分がよく使う銅版と紙の大きさを書いたものを置いています。

これに、版の縦横の辺の中心線を書いておきます。

この中心線の位置を銅版のプレートマークに印をつけておいて、見当として使うわけです。

トレーシングペーパーを使って見当や絵柄のトレースをする人も多いのですが、どうしてもトレーシングぺーパーは湿気などで伸びたりちょっと水が付くとぼにょぼにょになってしまって具合が悪いです。薄手のポリエステルフィルムなら、絵柄のトレースも出来るし、伸びないのでオススメです。

■仕上がった墨版(主版)に見当をつけます
kentou4.gif
版を
見当フィルムの
上に置く
kentou8.gif
銅版にうつ
見当の点の位置
kentou3.jpg
プレートマークに
ポイントで点を打つ

用意したフィルムの上に銅版を置きます。

そして、ポイントをつかって、プレートマークの各変の中心線の位置に点を打って見当をつけます。4つの点を打つ事になります。

このやり方だと、墨版はあらかじめプレートマークをきれいにつるつるにしておかなくてはいけません。

■墨版の絵柄をトレースします
kentou5.jpg
墨版の絵柄をトレース

墨版の上に、先程の見当フィルムをかさね、プレートマークの見当とフィルム上の中心線がぴったりになるよう確認し、マスキングテープなどで固定します。

絵柄をトレースするフィルムは、プレス上に置いて刷るときに使うものとは別の物を用意してもOKです。

ただし、刷るときに使うものと、中心線がずれないように、上下を間違えないように注意したほうがいいです。

フィルムに墨版の絵柄が透けて見えるので、これをボールペンやサインペンなどでトレースします。もちろん、色版を作る上で必要な絵柄だけで良いですよ〜。

■色版に墨版の絵柄をトレース
kentou6.gif
カーボン紙で
墨版の絵柄を
色版にトレース
ganpi1.gif
この墨版に・・・
asakura1.jpg
このように色を
付けたい場合
kentou7.jpg
墨版からフィルムに
このように
トレースし、
色版用の銅版に
転写する。

あらかじめ必要な数の色版をプレートマーク削り、表面をピカールで磨くなどして準備しておきます。

プレートマークには見当をつける必要があるので、これもあらかじめきれいにしておきましょう。

色版の上に、先程墨版の絵柄を写し取ったフィルムを重ねます。

版の4辺がだいたい墨版と同じ位置に来るようにします。

この時、銅版とフィルムの間にカーボン紙をはさんでおきます。カーボン紙は、文房具屋さんなどで売っているものでOK!

そして、マスキングテープでフィルムと版を固定したら、まず、色版のプレートマーク上にフィルム上の中心線の見当をポイントで印をつけます。もちろん、フィルムの上からぐさっ!!とさすのです。

そののち、絵柄をフィルムの上からボールペンなど固い筆記具でなぞります。

フィルムをめくってみると・・・・・

カーボン紙によって、銅版上に絵柄がトレースされています。

この時、かならず「絵柄のトレース」と「プレートマークの見当打ち」は一緒に行なうようにして下さい。別々に行なうと、どうしてもずれてしまったり、フィルムの上下を逆さにしたりなどトラブルの原因になります。

さて、このままだと、銅版上に転写されたカーボン紙のインクは手でこすったりすると取れてしまいます。タルクやベビーパウダー(赤ちゃん用のでOK)をふって、軽くなじませて置きましょう。これでこすった位じゃ落ちないようになります。

■色版を製版する
tahanzuri1.jpg
トレースをもとに
このように色版を
製版する

あとは、トレースした線に合わせて、黒ニスを塗ったり、アクアチントをかけたりして製版をするだけ!

製版のやり方は普通の墨版と全く同じです。

どうでしょう、見当フィルムを作ったり、絵柄を色版にトレースするのって、結構面倒臭いですよね〜。

ここで注意しなくてはならないのは、銅版に見当の印を打つときに、必ず刷るとき使用する見当フィルムと同じものにするか、または全く同じに作ったフィルムを元にすること。

製版の段階で、すでに見当の印やトレースした線などが狂っていては、あとあと刷りで微調節する時に頭がこんがらがります。

刷りで必ずや起こるハズ・・・のトラブルについては、次のF.色版を刷ってみる!で詳しく書いてあります。

銅版の大きさを見当に書いておく方法

■紙に銅版の大きさを書く
kentou10.jpg
薄手の紙に、
銅版の大きさを書いておく
kentou11.jpg
この場合は、色版を刷った後に
いったんインクを乾かしてから
墨版を刷るため、
中心線を書いておく
kentou12.jpg
このような見当を作って、
プレスの透明な塩ビ版の下に
セットして刷り始める。

こちらは、上の4点見当よりも手軽な方法です。

銅版の大きさを白い薄手の紙などに書いておき、それをプレスの上に置いて、銅版の大きさを合わせて刷り合わせる方法です。プレートマークを奇麗にしておく必要はありません。

■外枠の四角に銅版を合わせて刷る
kentou09.jpg
見当を塩ビ版の下にセットし、
銅版を四角の見当に合わせる

4点見当に比べると多少精度は落ちますが、それほどズレにシビアではない場合はこれで十分でしょう。

色版を乾かしてから墨版を刷る場合

■色版を刷った紙の裏に見当を書いておく
DSCF2936.jpg
上の作例は2版刷り。
1版目の色版を刷った所
DSCF2738.jpg
刷ったら、紙をめくる前に
鉛筆で中心線の所に印をつける
DSCF2739.jpg

色版から墨版まで一気に刷ると、どうしても紙に刷られたインクが次の版に付いてしまう(紙に刷られたインクが薄くなってしまう)。

そこで、墨版の刷りを良くするためには、いったん色インクを刷ったら水張りをしてインクを乾かし、3,4日経ってから、また紙を湿し直して墨版を刷る、というプロセスを踏む必要があります。

この場合は、いったん刷り紙をプレスから外して、再び見当に合わせるために、紙の裏などに鉛筆で中心線を書いておく方法が手軽です。

右の写真の青い丸印の部分に、見当の紙に書いておいた中心線の印をつけておき、次回墨版を刷る時にはその印を見当にして合わせます。

その他の見当

ちなみに、上で説明した見当の付け方は、あくまで一例です。

この他にも

・・・などなど、いろいろな見当の付け方があります。