版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画 刷ってみよう! C-1.1版多色刷りのいろいろ

版画HANGA百科事典

銅版画

刷ってみよう!
C-1.1版多色刷りのいろいろ

これまで説明してきた版画の刷り方は、1つの版で1色のインクを使って刷るやり方でした。
この方法を「1版1色刷り」と言います。

銅版画の魅力は, 1版1色でも薄い調子から黒々とした深い調子まで 幅広く出せるところにあるのですが、 きっと、それだけではなくて
「色彩銅版画をつくってみたい!」と思っている方も多いでしょう。

ここからは、色彩銅版画の色々な方法について書いていこうと思います。
まずは銅版1枚だけを使う色彩銅版画、1版多色刷りについて説明します。

銅版画で色彩版画をつくる場合・・・・

これまで銅版画のいろいろな技法について読んできて下さった方にはわかると思うのですが、はっきり言って銅版を1枚製版するのにはとっても時間がかかります。

(そのかわり、1版で表現できる調子=白から黒までの幅はとても豊富なのですが・・・・。)

木版画、シルクスクリーン、リトグラフなどの他の版種類では、色版画というと10版10色、20版20色などと沢山版を使うことが多いのに比べると、銅版ではあまり沢山の版を使うことは一般的ではありません。

理由は・・・・大変だからですね〜〜(^^;)

10枚もの銅版のプレートマーク落とし、アクアチントがけ・・・・

考えただけでも肩がこってきます。

銅版画で色彩版画をつくろう!と考えた場合、やはり銅版画の1版だけでも出せる豊富な表現力を考えて、何版使うにしろ、決定的な墨版を1枚中心に据えた考え方で版を作っていく方が良いと思います。

銅版画作家の方々の作品を見ても、だいたい2、3版、多い方でも5版くらいの版で色彩銅版画をつくっています。

本当にカラフルな、沢山の色とりどりの版画ならば、やはり木版画、シルクスクリーン、リトグラフなどの版画の方が向いているかもしれません。

または、決定的な墨版のみ銅版で制作し、色版はカラフルに色をつかうため、他の版種(木版など)を使う・・・・という手も考えられます。

これから説明する、1版多色刷りは、銅版上で作ったマチエールを無駄なく生かせるし、刷りも見当合わせなど面倒がない方法です。

銅版1版だけ使って色彩版画をつくる「1版多色刷り」

■刷り上がった版画に手彩色を加える。
seito01-2s.jpg
透明水彩で
手彩色を施した例
この作例は
永沼版画アトリエの
受講生の方の作品を
使わせていただきました。
完成作品は
こちら
で見ることができます。

これは「1版多色刷り」とは言いませんが、とっても手軽な色彩銅版画ですね。

刷った作品を水張りしたら、その上から透明水彩やガッシュなどで自由に彩色していけば良いのです。山本容子さんの作品もこのやり方ですね。

ただ、この場合は刷り取ったインクの上から色の絵の具が被る形になります。

また、1枚ずつ塗っていくために、全く同じ作品は二度とつくれない(笑)のと、何枚も仕上げるのに時間がかかってしまいます。

でも、何と言っても手軽な方法ですし、初めての方はまず手彩色で楽しんで見てはいかがでしょうか。

版画のインクの色をセピアで刷ったり、刷る紙の色も白でなくクリーム色、グレーの紙などを試してみると色々表現の幅が広がると思います。

■1版の銅版で、刷るときに何色もインクを詰め分けて刷る。
seito03-2s.jpg
この作例は
永沼版画アトリエの
受講生の方の作品を
使わせていただきました。
完成作品は
こちら
見ることができます。

刷るときに綿棒などを用意して、絵柄に合わせて色インクを細かく詰め分けて刷ります。人絹でふき取るときも色が混ざらないように気をつけて拭きます。

メゾチントの作品などは1版多色刷りが多いです。

ただ、詰め分けも、あまりに細かい部分は大変だし、拭きに時間がかかるというデメリットがあります。

右の作例は、エッチングの版に、紅葉の部分だけ赤とオレンジのインクを詰め分けして刷った例です。

■色雁皮などを貼り込んで刷る。
seito06-2s.jpg
この作例は
永沼版画アトリエの
受講生の方の作品を
使わせていただきました。
完成作品は
こちら
で見ることができます。

[雁皮刷り]の所で説明した方法です。

色を「色面」として2、3色程度使いたい、という場合はなかなか良い方法です。

この方法とインクの詰め分けを両方使えば、たくさん色を楽しむことができると思います。

ただ、雁皮の部分貼りは、絵柄に合わせて雁皮をちょきちょき切るのが、結構面倒くさいかも・・・。

右の作例は、画面全体に版画用の生成りの雁皮。

ハート形の赤い部分と、花形の部分には、ラッピング用などの用途で文房具屋さんで売っている薄い和紙を手でちぎって貼り込んだものです。

刷るときには、版の上全体に版画用の生成りの雁皮をのせ([雁皮刷り]のプロセスを参照)その上にハートと花形の和紙を手でのせて糊をつけて刷ります。つまり、刷り上がった状態では、ハートと花形の和紙は、台紙と生成りの雁皮の間にサンドイッチされて貼り込まれる形になります。

この方法の応用編として、英字新聞や色紙など、版画用紙以外の薄い紙を雁皮の下に貼り込む事など考えられます。直接新聞紙や色紙に刷るときは、線や調子などあまり良く刷り取る事ができませんが、この方法だったら、版に直接接しているのは版画用雁皮紙なので、綺麗に刷り取ってくれるわけです。

■銅版を凹凸刷りする。
ippan09.jpg
この作例は
永沼版画アトリエの
受講生の方の
作品を使わせて
いただきました。
完成作品は
こちら

見ることができます。

エッチングの線の部分など、彫り込まれている部分は普通にインクを詰めて拭き取ります。
(この時色を詰め分けしてもOK!)

そして、拭き取りがすべて終ったら、リトグラフで使うローラーなど、銅版の大きさに合わせたローラーを用意し、全面にインクを盛ります。

出っ張った部分にはローラーで盛ったインクの色に。

へこんだ部分は、あらかじめ詰めておいたインクの色になります。

この方法は次の[1版多色刷り実践編]で写真入りで詳しく説明します。

■ヘイター法

上の凹凸刷りの応用編ですが、ヘイターさんという作家の方が考案したやり方です。

まず、銅版に普通のエッチングやディープエッチングなどを施します。

この技法では銅版に2〜3段階位の深い腐蝕があったほうが断然面白いです。

さて、刷るときに、まず普通のやり方でインクを詰め、拭き取ります。

この時、エッチングの部分、ディープエッチングの角の部分などにインクが詰まります。

そのあと、銅版の大きさに合わせた大きさのローラーを2本用意します。

一本は普通のリトグラフなどで使うローラーでOK。

もう一本は、軟質ローラーを用意します。軟質ローラーとは、ゴムの部分が普通のローラーよりも柔らかく、銅版の彫り込まれた溝の中にもインクを盛ることが出来ます。

さて、これからが肝心かなめな所なのですが、 まず普通の固いローラー柔らかめのインク(銅版インクをアマニ油などでゆるめに練ったもの)を盛り、銅版に転がします。

銅版の一番高くなっている部分にインクが付きます。

そのあと、柔らかいローラー=軟質ローラー固めのインクを盛り、銅版にゆっくりと転がします。

軟質ローラーですから、銅版の少し低くなっている部分までローラーが密着し、インクが付きます。・・・・・が!最初に盛ってある柔らかいインクの部分には、固いインクが付きません!!

これは、実際やってみるとわかりますが、インクはローラー盛りをすると、柔らかいインクの上に固いインクはのらない性質なのですね。びっくり!

これで、
1.詰めたインクの色(エッチングの線など)
2.最初に盛った柔らかめのインクの色、(銅版の最も高い部分)
3.最後に盛った固めのインクの色(1と2の中間の高さの部分)

合計3色の版画ができる!というワケなのです。

いやあ、これを考えたヘイターさん、頭が良いですね〜〜!!

さて、思いつくままに色々な1版多色刷りの方法を書いてみましたが、おそらく他にも方法が沢山あるかと思います。
銅版だからこうしなくっちゃいけない、ああしなくっちゃいけない、などと考えず、「刷りは版を使ったドローイング」のつもりで頭を柔らかくして色々工夫を重ねてみると、自分の絵柄にあった、自分なりの方法が出来ると思います。
ぜひ色々お試しください。
space.gif