版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画 刷ってみよう! B.雁皮刷り

版画HANGA百科事典

銅版画

刷ってみよう!
B.雁皮刷り

基本の刷りをマスターしたら、次は銅版画独特の刷りの方法「雁皮(がんぴ)刷り」をやってみましょう!
「雁皮」というのは、ちり紙のように薄い和紙なのですが、 細かい調子を大変キレイに刷り取る事ができます。
ただ、非常に薄いために雁皮だけに直接刷ることが無理なので、 普通の版画用紙に画面の部分だけ貼り込むような形をとります。
・・・・と言葉で説明してもなんだか良くわかりませんね(^^;) プロセスを見ながら理解したほうが早いかも!

雁皮刷りってどういうこと?

ganpi1.gif
朝倉めぐみ
エッチング作品
画面の部分だけ
雁皮紙が貼り込まれ
雁皮の黄色い色になっている
usuiganpi.jpg
雁皮紙。
大変薄いが、
和紙特有の強さがある。

右の作品のように、台紙は白い色なのに、画面の部分だけ和紙のうっすら黄色い色に刷り上がっている銅版画の作品を見たことがありませんか?

これが「雁皮刷り」という方法によって刷られた作品なのです。

雁皮刷りのメリットは、主に

・・・・等々があります。

銅版画という西洋の技法に、日本特有の文化・和紙を使うのは大変オモシロイですね。日本の銅版画の作家は、多くがこの「雁皮刷り」を使っています。

■どうやって貼り込むの?
ganpipurosesu.gif
雁皮の種類については道具百科 紙とプレスの話を参照して下さい

雁皮はちり紙のように薄いため、雁皮だけ単独では使用せず、台紙(基本の刷りで使う、アルシュ、ハーネミューレなど)に糊で貼り込みます。

この貼り込みと刷りとを別々に行うと面倒くさいので、(^^;)同時に行います。

「雁皮刷り」とは、刷りと貼り込みを一度の工程でやる方法なのです。

雁皮刷りのプロセス

■雁皮紙を用意する
ganpikiri.gif
銅版の上に雁皮紙を置き、
画面に鉛筆で印をつけて
雁皮紙を切る。

銅版の上に雁皮紙をのせます。

雁皮は薄いので銅版が透けて見えますね。

銅版のプレートマークの内側、画面サイズを鉛筆で印をつけて、雁皮を切ります。

■銅版を拭き上げる

基本の刷りの、「紙を切る」から「プレートマークを拭く」までと同じように、紙(台紙)を湿してプレス機を準備し、銅版にインクを詰め拭き上げます。

■水を張ったバットを用意する

大変薄いうえに、雁皮は水気で少し伸びますので、台紙に貼り込むため糊をつけたとき、しわになったりよれたりする、ってことで、大変厄介です。

いったんよれてしまったら、あきらめて雁皮を丸めて捨てるしか無いです。

ちり紙を濡らした状態を想像すればわかりますよね。

そこで、あらかじめ雁皮を湿して伸ばしておいて、かつ、銅版に水でぴったりくっつけておけば作業が楽。

そういう理由から、水を張ったバットに銅版を入れ、雁皮をその上に浮かせて銅版ですくいとる・・・・・

という大変手のこんだ事をやります(笑)

■バットに銅版を入れる
batto1.jpg
バットに銅版を入れる

仕上げ拭き、プレートマーク拭きを終えた銅版を水を張ったバットに入れます。

■雁皮紙の裏・表を確認する
uraomote.jpg
雁皮の裏表を
確認

つるつるした面が表、ざらざらした面が裏です。

モチロン、銅版に向かった面を表にするんですヨ!(よく間違えるかも・・・)

■雁皮を静かに浮かす
ukasu1.jpg
静かに雁皮紙を
水に浮かす

表を下にして雁皮を静かに水に浮かせます。

この時雁皮を水に沈めてしまうと、とーーーっても厄介な事になります。

落ち着いて、心静かにそおっと作業しましょう。

■銅版で雁皮をすくい取る
ukasu2.jpg
銅版の方から
雁皮を迎えに行くような
気持ちで・・・・
ukasu3.jpg
雁皮をすくい取る
ukasu4.jpg
雁皮が
銅版にのった状態

浮いている雁皮を水に沈めてしまわないよう注意して、銅版で雁皮をすくい取ります。

この時、銅版の方から雁皮を迎えに行く・・・ようなキモチで作業すると案外うまくいきます。

水が雁皮と銅版の間に入り込んでいるので、多少の雁皮の位置のずれなどは後からでも少しは修正が効きます。

この段階では雁皮が銅版からはみ出ないように注意する程度でOK!とにかく雁皮が折れたりよれたりしないように全神経を集中しましょう。

■余分な水気を拭く
mizuke.jpg
余分な水気を拭く

雁皮が、プレートマークの内側にぴったり来るようにここで微調節します。

真ん中から外側へ、雁皮と銅版の間にある水を追い出すと共に、余分な水気を拭き取ります。

これで雁皮は水で銅版の表面にぴたっとくっついて動かなくなりました。

■糊を塗る
nori1.jpg
刷毛で糊を塗る
nori2.jpg
糊を拭く

ヤマトのりを水で少し薄めて、刷毛でスムーズに塗れる程度の粘度にします。

雁皮に糊を塗りますが、この時真ん中から外側へ、放射線状に塗っていくように。

乱暴にやると雁皮の端っこがめくれたりするので、ここでもあくまで静かにていねいに。

ウエスで糊を拭き取りますが、この拭き取り具合いかんで、台紙に雁皮が無事くっつくかどうか決まります。

「びしょびしょ」が「ぺたぺた」・・・といった感触になったらできあがり!

・・・と口で説明しても良くわかりませんね。こればっかりは実際に作業して、何度か失敗と成功を経験してみないとわからないです。

■完成!

糊を拭き取ったらやっと完成!

長ーーーーい道のりでした.

後は基本の刷りの「刷り」の項目からと同じく、台紙をセットしてプレスするだけ!

■雁皮が台紙に付かない時は

・・・等々の理由が考えられます。

また、ベランアルシュは紙が強靱すぎて雁皮が付きにくいので、初めての人はハーネミューレを使ってみるといいでしょう。

プロセスを見ていると、何だかとても難しそうに思えるかもしれませんが、そんなことはありません。

「面倒くさい」ことは確かですけれど(笑)

■色雁皮
asakura2.jpg
朝倉めぐみ
「COFFEE BREAK」
色の部分は色雁皮を切り抜いて
部分的に貼り込んだもの

この作家の作品をもっと見る!

雁皮は「色雁皮」など、キレイな色に染められたものもあるので、画面全体に貼り込むだけでなく部分的に貼り込んだりしてもオモシロイ効果がでます。

また、応用編として、プレーンな生成りの雁皮紙と台紙の間に、色雁皮や、版画用ではなくても和紙、色紙、英字新聞などを挟み込んで一版多色刷りとして刷る方法もあります。

詳しくはこちら[1版多色刷りのいろいろ]をご覧下さい。

space.gif