版画のミクロコスモスindexIndex > 版画の内宇宙 Top > 版画HANGA百科事典 目次 > 銅版画 エッチング C-2.ソフトグランド応用編・鉛筆エッチング

版画HANGA百科事典

銅版画

エッチング
C-2.ソフトグランド応用編・鉛筆エッチング

前ページの基本のソフトグランドを応用した「鉛筆エッチング」です。普通の「エッチング」はハードグランドを塗ってニードルで描画しますが、こちらは鉛筆タッチの柔らかい線を表現できます。
DSCF3443.jpg
ソフトグランドを使った鉛筆エッチング。
この作例は永沼版画アトリエの受講生の方の
作品を使わせていただきました。

ソフト・グランド実践編

■ソフトグランドを塗る
DSCF3427.jpg

前ページと同様に、銅版にソフトグランドを塗ります。

■下絵を描いたトレーシングペーパーをのせる
DSCF3431.jpg

DSCF3430.jpg

ソフトグランドを塗った銅版に直接描画するのではなく、「トレーシングペーパーに圧力をかけて、ソフトグランドに描線のところだけ穴をあける」というのがポイントです。

銅版にそっとトレペをかぶせ、トレペに7Hなどの硬い鉛筆でドローイングします。

■描画
DSCF3432.jpg

DSCF3433.jpg

ソフトグランドは柔らかいので、鉛筆でトレペに描いた描線の所の部分が、トレペの裏側につきます。つまり、描線の部分が薄くなります。その部分が腐蝕液につけた時、腐蝕する・・・というわけです。

注意ですが、トレペの上から何度も線をなぞると、トレペの裏側に付いたソフトグランドが銅版に逆戻りしてしまいますので、何度もなぞったりしないように。

■トレペをめくって確認
DSCF3434.jpg

写真では分かりづらいのですが、トレペの裏側にはソフトグランドの油がついています。また、銅版は、線描の部分が白く抜けています。

■塩化第二鉄で腐蝕
DSCF3436.jpg

硝酸を使うと泡の力でソフトグランドが飛んでしまいがちなので、塩化第二鉄で腐蝕します。

ただ、描画の時に筆圧が弱かったなどの理由で、2,30分経っても腐蝕しない場合などは硝酸に入れて様子を見たりすることがあります。

腐蝕が終わったら、ソフトグランドをホワイトガソリンなどで取り除きます。

■試し刷り
DSCF3443.jpg

seito08.jpg
ソフトグランドを使った鉛筆エッチング。
この作例は永沼版画アトリエの受講生の方の
作品を使わせていただきました。
完成作品はこちらで見ることができます。

この作例は、塩化第二鉄で15分ほど腐蝕したものです。ハードグランドにニードルで描画するのとは違い、早く仕上がるのが魅力ですね〜。鉛筆タッチの柔らかい線が腐蝕できました!

「鉛筆エッチング」は、山本容子さんが使っていた技法として有名です。

固い鉛筆の他、ボールペンを使ってみても違う感じになるし、トレペの他に薄手の別の紙を使ってみても良いかもしれません。鉛筆の先が尖っていたり丸くなっていたりでも、変化するでしょう。

ソフトグランドは、ハードグランドに比べてブツブツが腐蝕してしまうなどトラブルが多く、ちょっと手でさわったりすると指紋が腐蝕されたり、トラブルが何かと多いので、あまりそういうことが気にならない方向きの技法かもしれません。どちらかというと、デッサンというより勢いの良いドローイングの作品に向いているように思います。

鉄筆のように描画のときに銅にひっかからない技法ですので、柔らかい線のドローイングっぽい作品にはもってこいですね〜。